ドラマ【下町ロケット2018】第2話ネタバレ。ケーマシナリーvsギアゴーストの特許侵害の争い。理想の技術者・島津が動かした佃の心

スポンサーリンク

2018年10月から放送のドラマ【下町ロケット 2018】

2015年10月期にスタートし「ガウディ編」の最終話で20%を越える視聴率を叩き出した人気ドラマの待望の続編です。

これまで同様、主演に阿部寛をすえ、原作小説の最新作「ゴースト」と「ヤタガラス」の発売に合わせ新たな「下町ロケット」がTBSドラマに帰ってきます。

ここでは、ドラマ【下町ロケット 2018】のネタバレを、ここまでのあらすじを振り返りながらご紹介しています。

スポンサーリンク

第1話までの経緯|ドラマ【下町ロケット 2018】

「スターダスト計画」の終焉、大口取引先農機具メーカー「ヤマタニ」との取引縮小の話をきっかけに新たなチャレンジが必要になる佃製作所。経理部長・殿村の父が過労で倒れ、300年続く殿村の実家の米農家を訪れた佃は、トラクターに「作業ムラ」があることを知り、佃製作所を「トランスミッションメーカー」へと進化させるべく新たな挑戦を始める。

ギアゴーストのコンペに勝つために自分たちのプライドである”ロケット品質”を思い出した佃製作所の立花、軽部、加納たちバルブ製造チーム。こうして作り上げたバルブはコンペのライバル”バルブ界の帝王”大森バルブが作ったハイスペックのバルブをはるかに上回る製品で、天才エンジニア・島津を唸らせる最高の出来だった。

こうして新たにトランスミッションメーカーとしてスタートを切った佃製作所だったが、帝国重工におろしていたロケットのバルブシステムが使えなくなるかもしれないと告げられる。時を同じくして、ギアゴーストもまた大森バルブと間接的につながりのある中川弁護士から特許侵害で訴えられてしまう・・・。

スポンサーリンク

第2話ネタバレ|ドラマ【下町ロケット 2018】

帝国重工が次に打ち上げる「ヤタガラス7号」は従来通りのエンジンを搭載し打ち上げる予定だったが、ロケット事業の危機を回避しようとする藤間社長の意向もあり、本来より前倒しという形で開発中の新型エンジンを「ヤタガラス7号」に搭載することになったと話す水原。帝国重工の水面下で開発が続けられていた新型エンジンは、佃製作所の特許がなければ成り立たないということがここにきて明らかになり、打ち上げまで日が少ない中、「ヤタガラス7号」にのせる新型エンジンのバルブを作って欲しいと水原は佃に懇願するのだった。嬉しい話ではあるものの、完成が間に合うかギリギリなタイミングでの依頼に苦渋の決断で新エンジン用のバルブシステムの制作に動き出す佃製作所。そんな最中、佃たちは取引先のヤマタニを訪れた際、ギアゴーストが特許侵害で会社存続の危機にさらされていることを知り、その煽りを受けて、コンペで勝ち取ったヤマタニの新型トラクター事業への参加の話も一旦白紙となったことを知る。親会社をアメリカにもつ「ケーマシナリー」は知財部長の神田川と中川弁護士らにより知財戦略を武器に業績を伸ばす会社で、ギアゴーストは特許侵害を根拠に15億円の存在賠償を要求されるのだった。事情を知った佃はギアゴーストに出資して助けることはできないかと考えるが、殿村ら役員の反対に遭い一縷の望みをかけてかつて中川弁護士を打ち負かした神谷弁護士に話を持ちかけるのだった。そこで佃たちは「クロスライセンス契約」の戦略を提示され、さらに、うまくいけばギアゴーストをタダ同然で子会社化できる可能性もあると知る。早速、ケーマシナリーのトランスミッションをしらみつぶしに調べ、その中にギアゴーストの特許侵害を見つけるための「リバースエンジニアリング」が始まる。

その頃、帝国重工の新エンジンテストの結果は悪く、佃の娘である利菜はことあるごとに社員たちからのきつい視線に耐えていた。

息抜きで訪れたボウリング場で島津に遭遇し、大雨の中、島津に車で送ってもらうことになった佃。佃はエンジントラブルに見舞われ、メンテナンスのために立ち寄ったガソリンスタンドで、技術者・島津のトランスミッションへの熱い想いを知る。島津に送られて帰宅した佃は、かつて帝国重工で天才と言われた島津が機械製造部部長の奥沢らに疎まれた結果、閑職に追いやられ、当時機械事業部にいた伊丹もまた島津と同じ部署に追いやられ「幽霊」のような扱いを受けていたということを利菜から聞く。こうして佃は殿村や山崎ら役員たちの前で、「クロスライセンス契約」の際にギアゴーストに内緒でことを進めることはできないと土下座して訴える。驚異的で真に人の役に立つアイデアを数多く考え出す島津、資金集めに奔走していた伊丹が、契約内容に社員全員の雇用を条件にしていたこと。人を思いやる心あるギアゴーストには、全てのことを話すべきだと佃は訴えるのだった。こうして佃製作所は島津と伊丹の元を訪れ事情を説明し「クロスライセンス契約」を狙いリバースエンジニアリングを二社で協力して行うことになる。

しかし立花や軽部らは効率を欠いたギアゴーストのやり方に我慢ならず対立してしまう。島津の決めた手順で進めていた検査方法を守らず、技術者の感覚を必要とする投影機を使った検査を独断で始める立花たちだったが、島津はその理由を聞いて、部品の形状によっては投影機を使ったほうがいいものがあることに気づき、二つの方法をミックスして検査を続けることになる。リバースエンジニアリングが続けられる中、「ヤタガラス7号」のための新バルブシステムの製作も佳境を迎えていたが、耐久テストをクリアすることができず、改良できる部分は素材だけという状況であった。その様子を見ていた島津は、面白い素材を扱っているある町工場を佃に紹介する。その素材を使った新バルブシステムは耐久テストを見事クリアし、待ちわびていた帝国重工でもその完成に歓喜が湧いていた。

帝国重工内で苦しい思いをした利菜に、利菜の母・沙耶は優しく言葉をかけ、ロケット打ち上げが終わる最後まで気を抜かないようにとアドバイスする。

その頃殿村は、実家が持っている田んぼを同級生の稲本が立ち上げる農業法人に貸し出すという案が出ていた。しかし、体調が悪いにも関わらず、まだ米農家として続けたいと迷っている殿村の父・正弘はその誘いを断るのだった。

新バルブシステムを手がけていたチームが合流してさらなるスピードアップで進められていたリバースエンジニアリングは、残すところあと一つのトランスミッションとなっていた。しかし、最後までケーマシナリーの特許侵害を見つけられないまま終わろうとしていた時、立花が島津の特許であるポペットリリーフと、その特許の一年後に発売されているトランスミッションのポペットリリーフが似ていることに気づく。写真撮影をしてサイズを合わせたところ、全く同じ形状であることがわかり、特許侵害に当たる可能性が出たことに両社技術者たちは歓喜をあげる。しかし、素材確認をしたところ、ケーマシナリー製の部品は複数の素材を使っていたため、島津の持っていた特許侵害にはならないことが判明する。

こうして、数日間の作業を終えて帰っていくギアゴーストの社員たち。彼らが去った後の会社に寂しさを感じる立花ら技術者たち。そんな中、佃は再び役員を集め、再びギアゴースト買収の話を持ち出すのだった。

評価基準のしっかりしているヤマタニですら断ったギアゴーストの買収を、一中小企業の佃製作所ができるわけがないと反対する役員たちに佃は涙ながらに訴える。技術者にとっては一つのボルトがたった世界で一つの宝物だということを心から理解し、その想いを実現しようとしている島津や伊丹の思いをないがしろにすることなどできない。佃製作所としても、今こそが新たなチャレンジをする時だからこそ力を貸して欲しい!こう訴える佃の気迫に心動かされた殿村や山崎らは佃の熱い想いに同意するしかなかった。

こうしてギアゴーストに島津と伊丹を訪ねた佃と神谷弁護士、殿村の三人。傘下に入って欲しいという佃たちに、島津と伊丹は深く頭を下げ感謝を伝えるのだった。こうして中川弁護士との話し合いの席に臨んだ伊丹は、15億という金額が妥当であれば支払う準備はできているとだけ伝える。こうして、ギアゴーストを傘下に入れさらなる躍進、新たなチャレンジを目指す佃製作所。

予想外の展開にうろたえるケーマシナリー・神田川に中川弁護士は遅かれ早かれギアゴーストには潰れてもらうという。そう言いながら中川弁護士は食事に同席する人物にお茶を注ぐのだった・・・。

≫あなたへのオススメ記事はこちら!
ドラマ【下町ロケット2018】ロケ地で竹内涼真 土屋太鳳 阿部寛 今田耕司の目撃情報まとめ!
ドラマ【下町ロケット ヤタガラス】キャスト。原作を元に登場人物をご紹介。
原作【下町ロケット ヤタガラス】小説のネタバレあらすじと登場人物。無人農業ロボット計画の全容!

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)