ドラマ【ドクターX 6】キャストあらすじ。米倉涼子 同事務所オスカーの宇垣美里と初共演となるか?「X」の意外な意味

Sponserd Link

2019年10月から放送のドラマ【ドクターX 6】。

大人気シリーズが、第6弾として帰ってきます。

主演に、シーズン1から主人公・大門未知子役を務める米倉涼子を迎え、長寿ドラマシリーズとして、シーズン7への期待もかかる高視聴率作品が2019年最後のクールで放送です。

ここでは、ドラマ【ドクターX 6】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

大門未知子 米倉涼子

昭和51年1月7日生まれ。広島県呉市出身。 2001年に明英医科大学医学部医学科を卒業。卒業後は東帝大学医学部外科医局に入局したが、まもなく退局し、2002年にキューバ・クバナカン医科大学医学部へ編入。卒業後は、クバナカン医科大学病院に勤務。僻地医療・軍医・船医を経験した後に日本へ帰国する。現在は神原名医紹介所に籍を置き、フリーランス外科医として活動している。手術後は、コップ一杯のガムシロップを飲むのが習慣。

城之内博美 内田有紀

麻酔科医。帝都医科大学付属第三病院小児外科准教授の元夫・岸田卓也と別れ、シングルマザーで一人娘の舞を育てている。未知子の相棒として扱われており、彼女の手術にあたっては城之内が麻酔を担当している。 神原晶 岸部一徳 “東帝大出身。 巷でドクターXと噂されている医師の一人だった。白百合美容室があった雑居ビルに事務所を構えている。愛猫の名は「ベンケーシー」。関東近辺の国立病院、大学病院、総合病院の裏情報や組織体制を細く知る情報通である。

神原晶 岸部一徳

「神原名医紹介所」の所長。未知子が「師匠」と慕う存在。元外科医だが、過去に医師免許をはく奪されているなど、謎の多い男。大学病院の内情にも詳しく、営業に余念がない。趣味は麻雀。第3シリーズでは手術適応外の重病に冒されたが、未知子のオペによって命を救われた。

海老名敬 遠藤憲一

「東帝大学病院」の外科副部長。蛭間をはじめ権力者たちにひたすら尽くす、卓越した「御意」力を持つ。本当は未知子が執刀した手術で“名ばかりの執刀医”となったり、ありえない論文を書けば未知子が実現してしまったり…と、未知子のおかげで評価を受けてきた。出世欲が原動力のすべてのようだが、実は「一人でも多くの患者を救いたい」という青年のような志も忘れていない。真摯に病気と向き合う未知子に土壇場で共感してしまい、策略を台無しにすることが多々ある、憎めない存在。

原守 鈴木浩介

「東帝大学病院」の外科医。「帝都医科大学付属第三病院」時代、未知子の手術に協力したせいで地方の分院へ転勤。ロシアで一時働いた後、「国立高度医療センター」、「同・金沢分院」などに勤務。前副院長・久保東子の指名で「東帝大学病院」に呼び戻された。上の人間に頭が上がらない半面、患者の心に寄り添う医療を目指す温かい男でもある。

蛭間重勝 西田敏行

「東帝大学病院・知床分院」の院長。表向きは温和だが、逆らう者はバッサリと切り捨てる冷血漢。大門未知子に対して、積年の恨みを抱いている。医療界のトップに君臨するのが夢。第4シリーズのラストで、優秀な医師たちを中国の病院に大量に引き抜かれた責任を問われ、「東帝大学病院」病院長の座から転落した。第5シリーズで再び「東帝大学病院」院長に返り咲くも、収賄疑惑をかけられ、東京地検特捜部に逮捕されてしまう。

加地秀樹 勝村政信

「東帝大学病院」の外科医・准教授。「腹腔鏡の魔術師」と呼ばれるほど腕がいいが、金には汚い。肩書や権力よりも金を選んだため、同期よりも出世は遅い。大門未知子の手術に協力したせいで「帝都医科大学付属病院 高松第24分院」に左遷されるなど、数々の迷惑を被ってきたため、未知子を「デーモン」と呼んで疫病神扱いする。

鮫島有 武田真治

丹下の使用人。「東帝大学病院」の新事務長に就任する。 ミステリアスな男だが、丹下の右腕として病院の金庫番・広報マン・危機管理担当の役割を担う。 ニコラス丹下を誰よりも崇拝している。

浜地真理 清水ミチコ

次世代がんゲノム・腫瘍内科部長として丹下が「東帝大学病院」に呼び寄せた教授で、権威や権力を何よりも重んじている。「“切った張ったの外科治療”はもうすぐいらなくなる」という考えの持ち主で、高額な薬を使った内科治療を患者に勧めるビジネス営業マンのような内科医。

村崎公彦 藤森慎吾

「東帝大学病院」の外科医。丹下により、ドイツの病院から引き抜かれた。「医療はビジネス」と割り切り、患者の回転数を上げるため、AIシステムの活用を推し進めるべき、と主張している。AIの情報は信じるが、人間の話にはあまり耳を貸さない。

多古幸平 戸塚純貴

「東帝大学病院」の外科医。頭が良く優秀だが、ハングリー精神はない。医師の働き方改革を遵守し、定時で帰るため、なかなか育たない。

ニコラス丹下 市村正親

財政危機に直面した「東帝大学病院」を再生させるために蛭間が招聘した投資・事業再生のプロフェッショナル。『東帝大学病院リバースプラン2020』を打ち出し、副院長に就任する。「今世紀最大のコストカッター」と呼ばれ、これまでに潰れかけた病院や会社をいくつも救済。「私に救えない企業はない」を決めゼリフに今の地位まで上り詰めた。幼い頃に両親が経営する工場が破綻し、一家離散。奨学金で医学部に行き、医師免許を取得した。その後、ビジネスの世界に入り、経営者として手腕を発揮。ブラジルの日系二世だが日本語は堪能。

伊倉瑠璃 河北麻友子

「東帝大学病院」の院長秘書

大間正子 今田美桜

「東帝大学病院」の看護師。看護師長から注意を受けるほどの残業・夜勤で働きづめだが、すべては青森の実家に仕送りをするため。まだ幼い弟たちを養うため、内緒で他の病院でも夜勤のバイトをしている。感情が高ぶると、つい津軽弁が出てしまう。

飯野加菜 川瀬莉子

「東帝大学病院」で働く看護師。真面目で優秀だが、考え方はイマドキで、ハラスメント関係には敏感。合コンが大好きで、休みのために仕事をしているタイプ。

出演が噂されるキャスト

宇垣美里 1991年4月16日。元TBSテレビアナウンサー。ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」「SICK’S 覇乃抄 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜」

Sponserd Link

あらすじ

2019年、令和の時代を迎え、大混乱に陥っていた医療界――権威世代と次世代のバランス、コンピューターやAIとの共存など多くの問題が時代の波となって押し寄せる中、「東帝大学病院」はかつてないほどの大赤字に見舞われていました。
 そんな倒産寸前の“白い巨塔”にやってきたのは、「ハゲタカ」の異名を持つ投資家のニコラス・丹下。世界でも指折りの企業再生のプロである丹下が打ち出す再生プランとともに、「東帝大学病院」は経営再建の道を歩み始めることになります。
 しかしそれは一方で“医療の合理化”を迫られるということでもあり、病院はリストラやコストカットという現実にも直面。命のやりとりをする医療現場は、ビジネス最優先となり、ますます政治と権力争いの場へと変貌を遂げていくのです。
 そんな中、丹下に呼ばれて「東帝大学病院」にやってきた大門未知子。新たな権力争いが激化する“白い巨塔”で、またも孤高の戦いに挑むことになります。

原作やスタッフ

ドラマ【ドクターX 6】の企画協力には「ドクターX ~外科医・大門未知子~」シリーズや「黒革の手帖」の古賀誠一

ゼネラルプロデューサーには「ドクターX ~外科医・大門未知子~」シリーズや、「BG ~身辺警護人~」の内山聖子

脚本には「トットてれび」や「西郷どん」の中園ミホ、「家政夫のミタゾノ」や「TRICKシリーズ」の林 誠人

プロデューサーには「スミカスミレ 45歳若返った女」や「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」の大江 達樹、「疑惑」や「ドクターX ~外科医・大門未知子~ スペシャル」の峰島 あゆみ、「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」や「天才を育てた女房 世界が認めた数学者と妻の愛」の霜田 一寿、「家政婦は見た!」や「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」の大垣 一穂

演出には「刑事ゼロ」や「未解決の女 警視庁文書捜査官~緋色のシグナル~」の田村直己、「交渉人 THE MOVIE タイムリミット高度10,000mの頭脳戦」や「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」の松田秀知 が参加しています。

話題、見どころ

2012年10月期に第1シリーズがオンエアされ、平均視聴率が19.1%と言う、高視聴率を維持し続ける今作。

第2シリーズ(13年)は23.0%、第3シリーズ(14年)は22.9%、第4シリーズ(16年)は21.5%、第5シリーズ(17年)は20.9%、そして2018年に放送された第5シリーズの最終回(第10話)は25.3%を記録するほどの人気作です。

2019年にTBSから独立した宇垣美里が、米倉涼子の所属する芸能事務所オスカーに移籍したことで、これまでの「ドクターX」と同様に、同じ事務所の若手女優が抜擢される場合、人気のある宇垣美里がキャスティングされるのではないかと、注目が集まっています。

ところで今作のタイトル「ドクターX」の「X」にはどんな意味があるのでしょうか。

調べてみると様々な「悪い」意味が見えてきました。

〜以下こちらから引用〜

「X」もまた、「卍」と同じく2匹の交合する「蛇」を抽象化したものに間違いないであろう。

そして「X」は、十字架の起源であるとも言われている。

十字架の起源を辿った時、古代地中海世界において、十字架は私たちが現在思い描くような「聖なるもの」ではなく、もっとドロドロした多神教的な性格が強いものであったのではないだろうか?

----------------(転載ここまで)

ずっと前の記事で、神社のしめ縄は二匹のヘビが交尾する姿を表していると書きました。(その記事がこちら)それと同じく、「十字架」も「卍」も「X」もすべては二匹のヘビを表しているというわけです。

実際、イエス・キリストを十字架につけたのは悪魔崇拝者であり、彼らは自分たちが敵とみなすキリストを、悪魔の象徴である「十字架」に磔にすることで、悪魔に栄光を帰そうとしたわけです。

また、キリストの誕生日とされるクリスマスも、英語で「X’mas」と書きます。ここぞとばかりに二匹のヘビを表す「X」という文字を使っています。

実は12月25日はキリストの誕生日ではなく、悪魔「ミトラス」の誕生日です。バチカンが「悪魔」の誕生日である12月25日を、勝手に「キリスト」の誕生日として制定し、全世界の人々にお祝いさせてきたわけです。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。

キリスト教がミトラ教から誕生したという大嘘。ミトラ教は悪魔教であり、悪魔崇拝者たちが悪魔教の要素をキリスト教に混入していったのです。

ということで、「赤地」に「白十字」が描かれたスイスの国旗がいかに悪魔的なものであるかがお分かりいただけたかと思います。

〜引用終わり〜

クリスマスと言うお祝いが、キリスト教のお祝いではないことは、広く知られるようになってきましたが、そもそも、聖書でイエス・キリストを十字架にかけたのは、当時のユダヤ人たちです。

その頃のユダヤ教は、イエスが聖書の中でそのユダヤ人指導者たちを戒めていることからも分かる通り、その指導者たちの教えは時代にそぐわない古い教えであり、形骸化し、その上悪魔崇拝を知ってかしらずか行なっていた、と言うことだったようです。

その特徴の一つが「十字架」です。

十字架といえば、”ロザリオ”と言うペンダントなどで、敬虔なクリスチャンが身につけるイメージもありますが、そもそもはミトラ教などの多神教が象徴として用いていたもの。

当時のユダヤ人たちが十字架に罪びとをくくりつけてさらし者にすると言う風習は、モーセが教えたユダヤ教の中にミトラ教が入り込んでいたと言うことを意味します。

当時すでに、民たちの心は道に迷い苦しんでいて、その様子は聖書にも描かれていますが、自分たちの生活の中に悪魔崇拝が知らず知らずのうちに入っていたとは、当時の誰もが気づくことのできないことであったのかもしれません。

そんな世の中で生きていれば、苦しくなるのも当然といえます。

そんな悪魔崇拝は特に「性の乱れ」が特徴的ですが、その性の乱れを権力維持のために利用しているのが皇族や貴族たちと言われています。

〜以下こちらから引用〜

御託宣(ごたくせん)の神事代主(ことしろぬし)の神に始まるシャーマニズムに於いて、「神懸(かみがか)り」とは、巫女の身体に神が降臨し、巫女の行動や言葉を通して神が「御託宣(ごたくせん)」を下す事である。

当然、巫女が「神懸(かみがか)り」状態に成るには、相応の神が降臨する為の呪詛行為を行ない、神懸(かみがか)り状態を誘導しなければならない。

巫女舞に於ける「神懸り」とは、すなわち巫女に過激な舞踏をさせてドーパミンを発生させる事で、神道では呪詛行為の術で恍惚忘我(こうこつぼうが)の絶頂快感状態、仏法では脱魂(だっこん)と言い現代で言うエクスタシー状態(ハイ状態)の事である。

まぁ、このハィ現象(脱魂)が、マラソンのランナーズハィや山登りのクライマーズハィ、そしてデスコダンスや盆踊りのダンシングハィ、もっと言えばアフリカ部族の原始的な踊りなどに共通する。

この巫女の神楽舞に依るダンシングハィの恍惚(こうこつ)の秘密アイテムとして、大麻(おおぬさ)使用の疑いがある。

何処までが本気で何処までが方便かはその時代の人々に聞いて見なければ判らないが、五穀豊穣や子孫繁栄の願いを込める名目の呪詛(じゅそ)として、巫女の神前性交行事が神殿で執り行われていた。

この巫女が「神懸かり」になる為の社殿神前性交が基と成り、やがて飛鳥期頃に神社と官人(高級貴族役人)の間で社殿神前に於ける官人接待の習慣が起こり、歌舞・音曲・性交がセットに成った「神前娼婦」と言う形態が出来上がる。

地方の小さな神社は、氏神社(うじがみしゃ)と言う地方支配者(氏族(うじぞく))起原の神社が多い。

いずれにしても神社の氏神(うじがみ・氏上)は文字通りの旧領主や旧赴任者が司執(つかさど)っていて、神社の社領を維持拡大しなければ成らない。

勿論神前娼婦(巫女)は簡単な情報収集の使命も負って居て、現代風に言えばハニートラップ(性を武器にする女スパイ)である。

何故なら、神社側は旧支配者が土着した郷士の末裔であり、官人は現支配者として赴任して来た相手で、御機嫌取りと腹の内を探る必要が在った。

つまり「氏神(うじがみ・氏上)神社」は土着した有力氏族の象徴的な施設で、中央から赴任して来た「官人」との暗闘の場でも在った。

ハニートラップ(性を武器にする女スパイ)は、安全保障の手段である。

日本は平和ボケしているからハニートラップ(性を武器にする女スパイ)など夢物語だが、現在でも世界中で採用されている最も有効な手段である。

いずれにしても、権力者を喜ばせる事は金に成ったり権力と結び付いたりの効果的な手段である。

そこで、新たにその土地に赴任して来る官人(高級貴族役人)を取り込む為の接待は欠かせず、一族の存亡に関わるからその接待は疎(おろそ)かには出来ない。

勿論新たに中央のヤマト政権から赴任して来た官人も、地元の有力者(氏上)と揉(も)めては赴任先での任が果たせなくなるから、そこは思惑が一致して上手く接待に乗る。

飛鳥期から平安期に到る時代的に考察すれば、この時代の巫女は神に仕える憧れの花形の職業で、勿論神前性交も神とのコンタクトと言う神聖な儀式で、性交に違和感は無いのである。

官人(高級貴族役人)接待に於いても、何しろ巫女は神と交わり浄化された身であるから、官人としてもその歌舞・音曲・性交接待を大いに喜んで居たに違いない。

それが遊女の原型と成り、平安末期には白拍子と呼ばれる遊女と繋がって行く。

その白拍子は源義経の愛妾・静御前で有名で、白拍子の為す遊芸も元は「神事音楽の巫術から」とされている。

その背景に在ったのは、正に巫女のシャーマニズムと性交呪詛が「誓約神話(うけいしんわ)」の古代信仰文化として深く関わっていた事に他ならない。

〜引用終わり〜

この世界に「風俗」がなくならないのは、現在まで続く支配階級制度そのものが原因の一つだと言うことになります。

巫女さんはかつての「娼婦」だった。

とてもショッキングな事実ですが、価値観が大きく変わりゆく時代に、こんなモラルに反した方法をいつまで続けていきたくないと思う人は多くいることでしょう。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【ドクターX 6】の主題歌にアメリカのシンガーソングライター、P!NKの「ソー・ホワット」 が起用されました。

「ソー・ホワット」をアマゾンでチェック!

劇伴音楽に「あなたには渡さない」や「模倣犯」を手がけてきた沢田完が起用されました。

「ドラマ【ドクターX】シーズン 6 オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】テレビ朝日系列
【初回放送・曜日】2019年10月17日 毎週木曜日 21:00~21:54 *初回(10月17日放送)は15分拡大スペシャル!
【前ドラマ】「サイン 法医学者 柚木貴志の事件

こちらの記事をもとに作成しています。あらすじ部分はテレビ朝日、キャスト部分引用元はWikipedia

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)