ディーン・フジオカ経歴まとめ【台湾(台北)〜インドネシア時代】編

スポンサーリンク
これまでの経歴生い立ちはこちらから

ディーン・フジオカ経歴まとめ【誕生~幼少期〜小中学校~高校時代】編 ディーン・フジオカ経歴まとめ【高校卒業後〜アメリカ〜香港時代】編

スポンサーリンク

ディーン・フジオカ台湾(台北)〜インドネシア時代

「同じ場所に何週間もいられない生活でした。 朝起きると自分がどこにいて、 どこに向かっているのか、 わからない苦しみもありました……」

出典:http://jisin.jp

そんな苦悩の中、

「まっさらな自分」

を追い求めていたのが

今回の台湾からインドネシア中心の時代だと思います。

音楽アーティストとしての活動

そして、運命の人との出会いと結婚・・・

まずは、香港の台北からです。

ディーン・フジオカ 略歴

2004年 コミュニティカレッジ卒業後アジアの様々な国を巡り、香港でスカウトされ俳優業開始 2005年 映画「八月の物語」映画初主演 台湾ドラマの創始者と言われる柴智屏と出会い契約し台湾デビュー 2006年 拠点を台北へ 台湾TVドラマ「極道学園」「ホントの恋の見つけかた」出演 2007年 台湾で初の映画「夏のしっぽ出演 2008年 上旬、柴智屏制作の台湾ドラマ「笑うハナに恋きたる」出演 2010年 日本統治時代の台湾に関する歴史を題材の長編映画「セデック・バレ」出演 2011年 「夢の向こう側〜ROAD LESS TRAVELED〜」出演 台湾・台北・インドネシアなどのGMT+7〜+9の時間軸の中での活動スタイルを芸能プロダクションアミューズと双方共感し契約(2011年) 2012年 テレビシリーズ「ブラック&ホワイト」の映画版「ハーバー・クライシス〈湾岸危機〉 Black & White Episode 1」出演(日本公開は2012年9月) 2013年 初の映画監督作「I am Ichihashi 〜逮捕されるまで〜」公開 2014年 アメリカTVドラマ「荒野のピンカートン探偵社」でアメリカデビュー 2015年 日本TV フジテレビドラマ「探偵の探偵」NHK朝ドラ「あさが来た」出演 2016年 日本TV TBSドラマ「ダメな私に恋してください」出演 西暦は正確にはずれている場合があります。参考までにどうぞ

台湾・台北時代 2006~2008 ネクストレベルへ

2006年5月から香港から台湾に拠点を移したディーンさんは 早速アイデンティティ・クライシス*を経験したといいます。 (*自己喪失。若者に多くみられる自己同一性の喪失)   どこ行っても外国人で根無し草であること 日本人であるはずなのに、敬語もよくわからないという 奇妙な状況になっていて とても混乱した時期でもあったそうです。   一時はパスポートを変えようか迷ったこともあったり

「一つの言語で自分の言いたいことを、最後まで喋れなかった」
 
とてもしんどい時期だったと当時を振り返っています。
 
 
「これを積み上げていってどこに行くのだろう」
 
 

そんな眠れない夜を過ごしたのもこの頃。   映画でデビューしたディーンさんはドラマへの仕事も入ってきて 2007年には「ホントの恋の見つけかた」 2006年には「笑うハナには恋きたる」 などに出演。   今度は北京語での演技をして、その評価を高めていったのでした。 この頃に「第二の金城武」とも呼ばれるようになり、 まさに俳優として大ブレイクを経験します。   街に出ても囲まれるほど、 当時台湾では人気になり、その勢いは止まらないように見えました。   しかし、ディーンさんはたまたま 「生き抜くために」 やってきた俳優業への疑問を感じ 2008年28歳の時に、 一度すべての仕事を休む という決断をしました。   そして、それと同時に音楽活動を本格的に始め その拠点を恋人のいるインドネシア、ジャカルタに移すことになるのでした。

インドネシア 音楽活動始動 2008~ 蘇り(復活)の場所

子どもの頃からずっと音楽には親しんできたんですが、仕事という面ではなかなか縁がなくて。 結果的に俳優の仕事が生活の糧であり、自分の表現手段になっていったんですが、そんな折、今年6月に日本でも公開になった 『夢の向こう側〜ROAD LESS TRAVELED〜』 というロックバンドの映画を2008年に台湾で撮ったんですよ。 役者としてギタリストの役を演じてみた中で、すごく込み上げてくるものがあったんですね。 それで、ずいぶんと俳優の仕事もやったし、映画もテレビドラマも1回ストップして、本格的に音楽をやり始めたんです。 もの作りのうえで自分のステートメントをはっきりさせたいと思って。

出典:http://www.cinra.net

  今まで数々の幸運から順調にやってきた俳優を捨ててまで求めていたものは やはり音楽という創造の醍醐味が存在するジャンルへ。   一度自分で作詞作曲したいからと、当時の所属事務所との契約更新せず 再びの放浪のたびに出て今度は最終的に、インドネシア(ジャカルタ)に落ち着くことになりました。   2008年に出会っていた、 アレンジャープロデューサーのDJ SUMO(Sumanti)とそのジャカルタで再会 後に日本でも発売されることになる、プロローグアルバム 「Cycle」 の製作にとりかかります。

「ぶっ飛ばされた」国 インドネシア

人口世界第4位の都市インドネシア。 第二次世界大戦が始まるまでの四世紀弱という間 オランダの植民地だった場所。   国民の大半がイスラム教徒で、 国の政治や経済を回しているのは、ディーンフジオカさんの奥さんヴァニーナさんも血を引く、福建華僑。   チャイニーズ、インド、ヒンドゥー(パキスタン)など様々な文化が入り交じる その多様性と豊かな資源を持つ、インドネシア。 それをもっとも象徴する土地がバリ島。

 

Once upon a time in #Bali #indonesia #godisgood #pokemontime #throwback #photographer Dean Fujioka 藤岡靛さん(@tfjok)が投稿した写真 –

  インドネシアを「メイドさんの国でしょ?」と思って、若干なめていたという、ディーンさん。 そのインドネシアのパワフルさに圧倒され、住んでみてぶっ飛ばされたといいます。   心機一転、ジャカルタで新たに音楽活動を始め、 俳優業がある台北とジャカルタを、行き来する生活を送るよになり ここでも自分が何者なのかわからない・・・ そんな悩みにもぶち当たったといいます。  

「同じ場所に何週間もいられない生活でした。 朝起きると自分がどこにいて、どこに向かっているのか、わからない苦しみもありました……」

 
しかし、その後当時恋人だった、奥さんのとの出会いや
 
キリスト教としての洗礼を受けたこと、奥さんと結婚したことなどから
 
大きく価値観が変わったと言います。
 
何が先に行って、何が上なのかの価値観は、自分がどう思うかで変わると気づいた。
 

オーストラリア、パース

奥さんが学生生活を送っていた場所ということで度々訪れたというのがオーストラリアのパース。
 オーストラリアはアジアの中の、ヨーロッパといわれ
 
ディーンさんは、
 
「インドネシアの先にあったのがオーストラリアだった」
 
と発言しています。
GMT:+7~+9の中に収まり、まさにディーンさんの活動範囲。
 
そんなオーストラリアは
 
クリエイターが妥協せずにものづくりに向き合える環境(ユニオン)が整えられている場所で
 
アジアでは社会的に捉えづらい職業アーティストというものを
 
どのように運用しているかという部分で、学ぶものが自信・誇りにつながったと話します。 
 
 

ヴァニーナ・ヒダヤトンさんと結婚 2012年7月

2012年7月に2歳年上でインドネシア国籍の福建系華僑の ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤトンさんと結婚 ヴァニーナさんのニックネームは「ジャカルタの虎」   初めてあった時

  • 「真っ赤なジャケットを着て、夜なのにサングラスをかけていた」
  • 「言葉は少ないが、発言がストレートで、要点を突いている」
  • 「エキセントリックな人」

ということが印象に残り、 交際に発展し、4年のお付き合いの後にゴールインとなりました。

ディーンさんの求婚の言葉は 「彼女といれば世界中どこにいても自分のハートが帰れるホームになる」   結婚と同じ年、2012年に洗礼を受けてキリスト教徒になったディーンフジオカさん 結婚から2年後の2014年10月1日には、二卵性双生児(1男1女)を授かりました。

 

Thank you!! #大感謝 💛🙏💛 #teddybears #Osaka #また世界のどこかで #わしの2015 #GodBless #familytime

Dean Fujioka 藤岡靛さん(@tfjok)が投稿した写真 –

 

以降は 2013年に台湾ドラマ「王子様をオトせ!(就是要你愛上我)」 2014年に「追撃 3人のパイロット」「荒野のピンカートン探偵社」 と出演 その後、日本ドラマ初出演となる「探偵の探偵」に出演 ブレイク作品となった「あさが来た」へ出演となりました。

いかがでしたでしょうか? ひとまず、ディーン・フジオカさんの日本デビューまでがまとまりました。   足りない点も多々あると思います。

その都度お気づきのことは、コメントなどからご連絡いただければ 非常に助かります。   最後までお読みいただきありがとうございました。

資料一覧

  • http://asiancrossing.jp/intv/2007/0525/index.html
  • https://gunosy.com/talents/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%82%AB
  • http://ameblo.jp/dororo02/entry-12146311046.html
  • http://news.livedoor.com/article/detail/10858195/
スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

『ディーン・フジオカ経歴まとめ【台湾(台北)〜インドネシア時代】編』へのコメント

  1. 名前:ディーン・フジオカ経歴まとめ【高校卒業後〜アメリカ〜香港時代】編 - Universe of tfjok 投稿日:2016/08/22(月) 20:01:48 ID:9a6e163a9 返信

    […] →ディーン・フジオカ経歴まとめ【台湾(台北)〜インドネシア時代】編 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)