アマゾンドラマ【チェイス 第1章】第1話〜最終話までネタバレあらすじ。冤罪を生み出すDNA鑑定・科警研・警察の闇に、本田翼と大谷亮平が切り込む!

スポンサーリンク

2017年12月から配信のアマゾンドラマ【チェイス 第1章】

主演は「逃げ恥」で石田ゆり子と結ばれ、”第二のディーン・フジオカ”とも称されるイケメン俳優、大谷亮平。

ヒロインでその相棒には、ドラマや映画に引っ張りだこの、本田翼。

大谷亮平は「東京アリス」に引き続きの出演となるアマゾンオリジナルドラマ。地上波では見られない大胆な映像や映画のような趣のある作品も増えてきました。

ここでは、アマゾンドラマ【チェイス 第1章】の全話あらすじをネタバレで紹介しています。

スポンサーリンク

アマゾンドラマ【チェイス 第1章】第1話ネタバレあらすじ

フリージャナリストの三上一樹(大谷亮平)は、中学一年生の女子を監禁する男に宅配業者を装って発煙物を送り届け、直後に警察に連絡し、逮捕される瞬間をカメラに収めスクープする。

研修で不適合と判断されBS東都に配属された相沢麻衣(本田翼)は、世間を騒がせていた幼女失踪事件のための資料映像の用意を上司のプロデューサー長谷川 正(岸谷五朗)に頼まれる。

麻衣は過去の幼女誘拐事件を見ているなかで未解決事件があることに気づき、企画会議で提案する。しかし、保守的な局長・平山英一(田山涼成)らに企画はボツにされるも、長谷川はその企画に興味を示し、旧知の三上に連絡する。

三上は長谷川の話にそっけない態度を見せるも、そのほかにも似た事件があることを長谷川に明かすのだった。

7キロ圏内で起こった同じような事件を三上は同一犯の犯行だと考え、有罪が確定し無期懲役でありながら、その後も一貫して無実を主張する用務員の山崎登(平田満)に冤罪の可能性があることを麻衣に話す。

冤罪の可能性のある27年前の事件。こうして麻衣は、三上とともに「連続幼女誘拐殺人事件」を取材することになる。

第1話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

アマゾンドラマ【チェイス 第1章】第1話ゲストキャストと登場人物

アマゾンドラマ【チェイス 第1章】第2話ネタバレあらすじ

”大スクープか、やばすぎて放送できないか”プロデューサーの長谷川 正(岸谷五朗)は三上一樹(大谷亮平)と相沢麻衣(本田翼)が進める冤罪事件のさらなる取材に危険を感じながらも二人に任せることにする。

取材に向かったふたりは、事件を担当した刑事・赤坂吾郎(でんでん)に聞き込みに向かう。三上は、山崎登(平田満)の家にロリコンビデオがあったこと、山崎がパチンコ店で自転車に乗らないか?と誘い葵ちゃんを連れ出したことを赤坂から聞き出すが、科警研へのDNA鑑定の話で辻褄が合わず、三上は赤坂ら警察が自供を強要したと見破る。

三上は長谷川にこの取材が”国に楯突くことになる可能性がある”と伝え、本来のジャーナリストの仕事である”真実を報道すること”に長谷川も覚悟を決めるのだった。

DNA鑑定が裁判では決定的な証拠となることを知り落胆する麻衣だったが、山崎の弁護を担当した白井徹子(かとうかず子)への取材で、警察による自白の強要があったこと、そして、山崎が口下手で、言葉巧みに幼女を誘拐できるような人物ではないと知る。次に山崎の実家が檀家だったお寺に聞き込みに行った二人は、住職(小倉一郎)から、山崎がただ子供が好きな人で、それが時に行きすぎることがあったということ、そして、お寺の蔵に保管されていた山崎の所持品の中にロリコンビデオが一つもないことに気づく。

「どうして山崎さんがロリコンと見抜いたのか」赤坂への再取材で山崎の冤罪を確信した三上と麻衣。三上はDNA型鑑定がキモになると長谷川に伝え、長谷川は”冤罪の可能性”のある、5件の「連続幼女誘拐殺人事件の検証特番」をBS東都の企画会議で発表するのだった。

三上は5件の事件を同一犯の仕業だと考えるが、その証明には山崎が邪魔になると麻衣に話すのだった・・・。

第2話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

アマゾンドラマ【チェイス 第1章】第2話ゲストキャストと登場人物

アマゾンドラマ【チェイス 第1章】第3話ネタバレあらすじ

長谷川 正(岸谷五朗)はBS東都の企画会議で役員らに半ば呆れられながらも「連続幼女誘拐殺人事件の検証特番」の放送を決定させる。放送は8月に決まり、三上一樹(大谷亮平)と相沢麻衣(本田翼)は「葵ちゃん事件」の山崎登(平田満)の冤罪を証明すべく取材に向かう。カメラマンの渡辺俊哉(小林且弥)は100億人の一人しか間違うことはないというDNA鑑定の証拠をどうやって覆すのかと麻衣に忠告する。そして、フリージャーナリストの三上は万が一の時は逃げることはできるが、うまくいかない時は麻衣一人がすべての責任を追うことになるというが、麻衣は三上はそんな人間ではないと伝えるのだった。

犯行当日の経緯を調べ、犯行現場に行ってみる三上と麻衣。事件現場には弁護士の白井徹子(かとうかず子)と冤罪を主張する支援者たちからの地蔵が置かれており、白井弁護士に電話した三上は、事件時刻の目撃者がいないと聞かされる。当時から、河原の土手をジョギングコースにしている男性や、当時の野球をしていた男性に話を聞くが有力な手がかりは得られず。当時主婦だった目撃者の松木恵子(倉野章子)に連絡を取るが、電話先に出た夫は過去のマスコミの対応に怒り、麻衣たちは取材を断られてしまう。そこで、被害者の葵ちゃんの家に向かった三上と麻衣だったが、葵の妹・木下梓(古畑星夏)は、事件のことを知らされていない様子で、さらに葵の母(中村久美)は取材も拒否し、娘にも真実を話さず何かを隠している様子だった。

長谷川に取材映像を見せていた麻衣は、長谷川の口から三上の過去を知ることになる。三上は元々大手新聞社の記者で、交通事故で妻を亡くした際、真実や遺族の喪失感を伝えないマスコミの報道に違和感を抱きフリージャーナリストになったこと、そして、その時から三上は家に帰らずにトラックで寝泊まりするようになったことも知る。

翌日三上は、昨日取材を断られた松木恵子が夫と営む喫茶店に乗り込み、説得してインタビューまでこぎつける。「自転車乗るかい?」「うん」事件当時、松木恵子は河原の土手を歩く赤いスカートの女の子と猫背で背の高い男性を目撃しており、その女の子はとても楽しそうにしていたという。松木恵子の書いた目撃時のスケッチを見ながら、165cmしかない山崎の特徴とは大きく食い違うことに、三上は違和感を覚えるのだった。

第3話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

アマゾンドラマ【チェイス 第1章】第3話ゲストキャストと登場人物

スポンサードリンク

アマゾンドラマ【チェイス 第1章】第4話ネタバレあらすじ

事件当時の担当刑事・赤坂吾郎(でんでん)に再取材に向かった相沢麻衣(本田翼)と三上一樹(大谷亮平)。松木恵子のスケッチを見せ誤認逮捕を認めるよう迫るが、DNAが一致した事実を指摘され追い返される。

過去のDNA鑑定と現在の鑑定方法が全く違うことや、DNA型が”ほぼ一致する”ということはあり得ず、一致するかしないかのどちらかしかないということを大学の研究者から聞いた二人。その後、当時の科警研のDNA鑑定の担当者・笠原に聞き込みにいくが、「文句があるなら裁判官に聞け」と明確な答えを避けられてしまう。

再び被害者の木下家に向った二人は、葵の母(中村久美)が事件のことをほとんど何も知らされておらず、二人は事件の経緯を説明する。その後、母親と妹の木下梓(古畑星夏)とともに殺害現場へ向かい、麻衣と三上は離れたところから激しく泣き崩れる二人をカメラに収めるのだった。

三上と麻衣、長谷川正(岸谷五朗)は8月の特番に向けて、BS東都「サンセットニュース」の看板キャスター・斉藤真紀子(羽田美智子)を説得し、毎週5分の番宣の放送枠を取り付け、さらなる事件の真相を追い求めることになる。

第4話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

アマゾンドラマ【チェイス 第1章】第4話ゲストキャストと登場人物

アマゾンドラマ【チェイス 第1章】5話ネタバレあらすじ

「連続幼女誘拐殺人事件の検証特番」の番宣放送枠を5分から10分へ変更することができた三上一樹(大谷亮平)と相沢麻衣(本田翼)。しかし、「サンセットニュース」の看板キャスターの斉藤真紀子(羽田美智子)から「真犯人は他の4つの事件にも関わっている可能性がある」という原稿のコメントを「冤罪の可能性がある」に変更すると言われ、どうしても読んでほしいと懇願する三上と麻衣だったが、聞き入れられずついに放送が始まる。

事件に関係するそれぞれの遺族が見なか、予定のVTRが終わった後、三上があらかじめ仕込んでいた「木下葵の遺族が涙する映像」が流れ、「本当のことを知りたい」と頭を下げる木下梓(古畑星夏)と葵の母(中村久美)二人を見た斉藤は、当初予定していたコメントに加え「犯人が5つの事件全てに関わっており、次ターゲットを狙っている可能性がある」コメントを変えるのだった。

その後反響は大きく、長谷川 正(岸谷五朗)とBS東都の局長・平山英一(田山涼成)は、テレビ東都の常務から叱責されるが、元部下が偉そうにする様子を見て行きどうる平山は、長谷川に事件の解明をさらにするめるようにいうのだった。4人目の被害者・皆口朋美の母から話したいことがあるといわれ、三上と麻衣は、カメラマンの渡辺俊哉(小林且弥)、ADの田中一平(橋本淳)とともに取材に向かう。

「犯人が捕まっているのに、同じような事件に巻き込まれたことを20年以上疑問に思っていたが、ニュースを見て腑に落ちた。」という朋美の両親から、当時小学生の女の子二人が、学校帰りに男性に声をかけられ、「うさぎがいないから一緒に探してほしい」と1時間ほど連れまわされたという。その男性の特徴は「背の高い痩せたおじさん」。葵も当時猫を探していたことから、麻衣は、その男性がことば巧みに葵を誘い出したのではないかという。するとそこへ、白井弁護士(かとうかず子)から連絡があり、山崎登(平田満)が二人に会いたいということを聞く。

白井弁護士とともに千葉刑務所に面会に向かった三上と麻衣だったが、刑務所に連絡が入り突如面会が中止になる。「私はやっていない!助けてください!」刑務官たちに強引に連れ戻されてしまう山崎の声が三上や麻衣たちのいるところへ虚しく響くのだった。

第5話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

アマゾンドラマ【チェイス 第1章】第5話ゲストキャストと登場人物

アマゾンドラマ【チェイス 第1章】6話ネタバレあらすじ

面会中止、再審請求の差し止めとなる中が、山崎は無罪を信じる三上と麻衣らに感謝の気持ちを手紙で伝える。さらに、三上と麻衣は白井弁護士と協力し、木下葵の母・雅代を中心に遺族会を発足し、山崎のDNA型再鑑定も行われ、世間の注目を浴びることになる。

BS東都の看板番組「サンセットニュース」の看板キャスター斉藤真紀子も三上に興味津々で専属の記者とならないかと誘うほどに。

そんなさなか突如、山崎登の釈放が決定。

わずかな疑問を抱きながらも自らの車で迎えに行った三上と麻衣たち。報道陣が殺到する中、独占インタビューを始めた三上と麻衣だったが、笑い方を忘れてしまった不自然な笑みを浮かべる山崎の姿に言葉を失う。

その頃、定食屋の常連客の背の高い猫背の男はその映像を食い入るように見つめていた。

第6話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

アマゾンドラマ【チェイス 第1章】第6話ゲストキャストと登場人物

アマゾンドラマ【チェイス 第1章】7話ネタバレあらすじ

*現在作成中です。

第7話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

◯現在作成中です。

「連続幼女誘拐殺人事件」の概要

久女ヶ原市・久女川周辺で起こった、5人の幼女が誘拐・失踪した事件。

被害者・行方不明者

1985年。三枝実花(上杉美風)。当時5歳。パチンコ店で誘拐された幼女。遺体で発見される。
1988年。倉科沙織(宮崎歩夢)。当時4歳。パチンコ店で誘拐された幼女。遺体で発見される。
1990年。木下葵(井上風宇子)。当時5歳。パチンコ店で誘拐された幼女。遺体で発見される。可愛がっていた野良猫を探していた。山崎登が犯人として刑を受けている。
1995年。皆口朋美。当時6歳。山梨県朝越市。パチンコ店で誘拐された幼女。遺体で発見される。
1999年。笹本有希(渡瀬うみな)。当時5歳。山梨県朝越市。パチンコ店で失踪した幼女。未だ行方不明。

山崎登の冤罪の経緯

第1話|1990年の木下葵(5歳)殺害事件で、保育園用務員・山崎登(当時40歳)が有罪判決で無期懲役。証拠はDNAの一致。被害者の幼女はともに、久女川河川敷で遺体が発見される。山崎登は1985年と1988年の事件も自供するが証拠不十分で不起訴。山崎は一貫して無罪を主張。

第2話赤坂刑事への取材:山崎登がパチンコ屋で葵ちゃんに「自転車に乗るかい?」と声をかけて河川敷に連れていった。乗り込んだ山崎の家には多数のロリコンのビデオがあり、取り調べで関連する幼女誘拐事件3件を自供させた。河川敷にあった犯人の下着の体液と、山崎が捨てたゴミから採取した体液がDNA鑑定で一致。しかし、河川敷で発見された犯人の下着は水に濡れていてDNA鑑定は不可能だと言われていた。
白井弁護士への取材|赤坂刑事はじめ警察の自白の強要だった。山崎に葵ちゃんの写真を見せて謝らせ、連日の取り調べで放心状態となる山崎は”私がやりました”と虚空を見つめて繰り返していた。朴訥とした人柄の山崎が子供を言葉巧みに連れ出すことなどできないことから、冤罪を確信する。
山崎の実家が檀家だった寺の住職への取材|冤罪を確信している。子供がただ好きな人だった。中学生に怒鳴るところを目撃した。山崎登の押収された所持品にはロリコンビデオは一つも見つからない。

第3話|【木下葵殺害事件の裁判記録】〈事件当時の18時頃、山崎登はパチンコ店パーラーヘブンの駐車場で「自転車に乗るかい?」と葵ちゃんに声をかけ、葵ちゃんは抵抗することもなく山崎とともに河原へ向かう。その後、二人は野球場の土手を降り、山崎は河川敷の草むらで首を絞めて殺害。山崎は葵ちゃんを裸にして舐め回し、性行為に及び、体液を葵ちゃんの下着で拭き取り丸めて川に投げ捨てる。これらを15分ほどで済まし、帰りにスーパーで買い物をした。〉
事件当時目撃証言|当時主婦で現在、夫ともに喫茶店を営む松木恵子は、事件当時、赤いスカートの女の子と、猫背で背の高い男性が河原の土手を歩いているところを目撃(山崎登は身長165cm)。その女の子はとても楽しそうにしていた。この証言とスケッチを警察は犯人逮捕につなげ、松木恵子は警察から感謝状をもらっていた。

第4話|事件当時のDNA鑑定は血液型と同じで、同じ人が何人もいるという精度。現在のDNA鑑定は指紋のように完全に一致する、百億人に一人という精度。事件当時のDNA判定担当の検査技師・笠原は当時の鑑定に間違いはない「文句があるなら裁判官に言え」という。

第5話|1995年の被害者、皆口朋美の両親から朋美が行方不明になる前に、不審な男が二人の小学生女子に声をかけ1時間ほど連れ回すということがあった。「ウサギがいなくなったから一緒に探してほしい」と言葉巧みに女の子たちを誘い出していた。特徴は「背の高い痩せたおじさん」

第6話|DNA再鑑定する葵ちゃんの下着は10時間以上川の中にあり、30年以上常温で放置。再鑑定は8月1日。

犯人像

土地勘のある人物。パチンコ店に頻出。|猫背で身長が高い。葵ちゃんに「自転車に乗るかい?」と声をかける。|言葉巧みに幼女を誘い出す話術を持つ。

アマゾンドラマ【チェイス 第1章】その他の記事はこちら

アマゾンドラマ【チェイス 第1章】主題歌にポルノグラフィティ!エンディングソングに元ステレオポニーのAIMI!サントラにはSMAPの音楽プロデューサー長岡成貢!

アマゾン【チェイス 第1章】本田翼 大谷亮平W主演ドラマのあらすじキャスト 「龍馬伝」福田靖「白夜行」深川栄洋とVFX 白組の化学反応に期待!

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。