ドラマ【令和元年版 怪談牡丹燈籠】キャストあらすじ 香港デモで中国共産党の対立勢力が原作を作った?尾野真千子主演で初代三遊亭圓朝の怪談話を実写化

Sponserd Link

2019年10月から放送のドラマ【令和元年版 怪談牡丹燈籠 Beauty&Fear】。

尾野真千子を主演に迎え、中国の古典文学を源流に持つ落語の有名な噺「怪談牡丹燈籠」が、最新の撮影技術を利用しリメイク・実写化されます。

ここでは、ドラマ【令和元年版 怪談牡丹燈籠】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

お国(くに) 尾野真千子

平左衞門の妾。

宮辺源次郎 柄本佑

侍。飯島家の隣家の次男。

黒川孝助 若葉竜也

黒川孝藏の息子。

山本志丈 谷原章介

お露と新三郎を引き合わせた医者。

萩原新三郎 中村七之助

浪人。

お露 上白石萌音

飯島平左衞門の娘。

お峰 犬山イヌコ

伴蔵の妻。

伴蔵 段田安則

萩原新三郎の店子で下男。

飯島平左衛門 髙嶋政宏

侍。剣術の達人。[解説部分の出典]wikipedia

Sponserd Link

そのほかのキャスト・語り

お米 戸田菜穂
中原丈雄
笹野高史
伊武雅刀
石橋菜津美

語り 神田松之丞

(かんだ まつのじょう、本名:古舘 克彦(ふるたち かつひこ)1983年6月4日。日本の講談師。日本講談協会および落語芸術協会所属。2020年2月に真打昇進とともに6代目神田伯山を襲名する。

あらすじ

(概要)不朽の人間愛憎劇「怪談牡丹燈籠」を令和元年の新たな視点で完全映像化!

恋焦がれて死んだ美貌の娘の幽霊が、カラン、コロンと下駄の音を響かせ、夜ごと愛しい男を訪ねる、という幻想的なシーンが有名な傑作怪談「牡丹燈籠(ぼたんどうろう)」。 実はこの「お露・新三郎」の怪談話は、初代三遊亭圓朝(さんゆうていえんちょう)による長編落語のほんの一部にすぎません。原作は、お露の父・平左衛門とその忠臣・孝助、お家乗っ取りを企(たくら)む希代の悪女・お国と、その間男(まおとこ)・源次郎、強欲な町人夫婦・伴蔵とお峰・・・。

男女の色と欲が生々しく交錯するドロドロの人間ドラマであり、20年にもわたる壮大な敵討ち、因果応報の物語になっています。 最後には「幽霊より人間が怖い」と感じさせる傑作長編愛憎劇を、新たな視点と演出で今回初めて完全映像化!ワイヤーアクションや特殊メイク、チャンバラもふんだんに投入。和製ホラーの決定版を、現代日本を代表する俳優陣でお届けします。

原作やスタッフ

ドラマ【令和元年版 怪談牡丹燈籠 Beauty&Fear】の原案は初代三遊亭圓朝による傑作怪談噺「怪談牡丹灯籠」

「初代三遊亭圓朝 怪談牡丹燈籠」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

脚本・演出には「京都人の密かな愉しみ」や「スローな武士にしてくれ」の源孝志

制作統括には「スローな武士にしてくれ」の千野博彦、「京都人の密かな愉しみ 」の伊藤純、「スローな武士にしてくれ」や「捨て猫に拾われた男」の川崎直子、「ハタチの恋人」や「おやじの背中」の八木康夫が参加しています。

話題、見どころ

今作は、初代三遊亭圓朝による傑作怪談噺「怪談牡丹灯籠」をもとに、ワイヤーアクションや特殊メイク、チャンバラなども織り交ぜ、新たな視点と演出で映像化した作品です。

「怪談牡丹灯籠」の話の内容は、幽霊を登場させた復讐劇で、このエピソードの原型は、中国の清代の短編小説集「聊齋志異(りょうさいしい、聊斎志異)」に載せられているエピソードと言われています。

ところで中国にとって「牡丹」は、何かと重要なモチーフになることが多い花としても知られています。

中華人民共和国では「国花」が決定していないと言われていますが、これまでに国民投票などをするなかで一二を争っているのが、牡丹と梅だと言われています。

1300年代か朝鮮半島を支配し、韓流ドラマなどでも題材となることの多い「李氏朝鮮」は、李家が王族ですが、この李家の家紋が「梅」で、「令和」を制定した安倍内閣の首相安倍晋三は「李家」の血筋だと言われています。

そして、もう一つの花「牡丹」の家紋は、日本では赤十字社や細川護熙元首相の血筋でもある、五摂家の最高峰「近衛家」やその親戚にもなる青森の津軽家、さらには、近衛家と同じ「藤原」一族である鷹司家なども「牡丹」の家紋を利用しています。

赤い国旗の中華人民共和国(中国共産党)が中国国内で弾圧しているカルト宗教に「全能神教会」という勢力があり、それが、「青と黄色」を利用しています。

2019年9月になっても続いている香港デモは中国共産党(赤色)と、デモ隊が争っていますが、そのデモ隊の裏にはアメリカが手を引いていると「中国共産党」は指摘しているそうです

[出典] https://jp.wsj.com/

香港デモ、背後に米国の「黒い手」=中国政府 – WSJ

アメリカと中国がテクノロジー分野で覇権争いを起こしていますが、これも詰まる所、中国共産党とアメリカという構図で、アメリカの裏にいるのは、中国共産党と対立し続けている華僑(ユダヤ人)なのかもしれません。

「清(大清帝国)」は黄色と赤、そのあとの「中華民国(のちの台湾)」は赤と青、そのあとの「中華人民共和国」は赤と黄色、というのが国旗から見た中国の大まかな政権交代の流れですが、現在の香港は「梅」の花が市のシンボルマークで、紋章は黄色が多く利用されています。

香港市政局の紋章 Wikipedia

つまり香港は「李家」の勢力が強く、わずかながら青の勢力も入っていると言えるかもしれません。

香港は中国共産党(赤)が「支配」していますが、今回デモを起こしている反対勢力は「全能神教会」と同じ配色の「黄色と青」の勢力であることが見えてきます。

このようなことをぜひドラマでも描いてほしいものです。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【令和元年版 怪談牡丹燈籠 Beauty&Fear】の劇伴音楽に「ペンギン・ハイウェイ」などで知られる作曲家、阿部海太郎が起用されました。

「ドラマ【令和元年版 怪談牡丹燈籠】オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

【放送局】NHK BSプレミアム「プレミアムドラマ」(全4回)
BS4Kでも、前編「因の巻」・後編「果の巻」(各120分)で放送予定
【初回放送・曜日】2019年10月6日 毎週日曜日 22:00~22:49
<第1話のみ79分 、第2~4話 各49分>

あらすじ・キャスト部分引用元NHK

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)