ドラマ【ブラックリベンジ】キャストあらすじの紹介 鈴木砂羽が木村多江を洗脳?文春砲エース記者がリアルスキャンダルをドラマ化

2017年10月から放送のドラマ【ブラックリベンジ】

主演に木村多江を迎えて、女性ライターの人生をかけた復讐劇を描きます。

無実の罪で夫の命を絶たれ、お腹の中の赤ちゃんの命をも奪われ、全てを失い失意の中、静かに暮らしていた主人公、沙織の元に、夫を死に追いやった3人の情報が入っているUSBが届いたことから物語が始まります。

ここでは、ドラマ【ブラックリベンジ】のキャストやあらすじ、みどころを紹介しています。

スポンサーリンク

ドラマ【ブラックリベンジ】キャストの紹介

今宮沙織(本名:寺田美幸) 木村多江

「週刊星流」の契約ライター。5年前に政治家の夫のスキャンダルにより夫は自殺、お腹の中の命をも流産し、全てを失う。田舎で静養していたところへ謎のUSBが届き、夫のスキャンダルが捏造で「夫を殺した3人」のことが明かされていたため、復讐のため夫のスキャンダルを報じた週刊誌ライターとなる。

1971年3月16日。東京都江東区出身。松本幸四郎が宗家、市川染五郎が家元をつとめる日本舞踊松本流の名取。映画「平清盛」ドラマ「とと姉ちゃん」

福島勲 佐藤二朗

「週刊星流」編集長。温厚で部下からの信頼も厚く、皆から慕われている。「読者がいま見たいもの」と感じれば、どんな芸能スキャンダルも躊躇なく掲載する沙織の上司。

1969年5月7日。愛知県春日井市生まれ、愛知郡東郷町育ち。信州大学経済学部卒業。ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」「過保護のカホコ」「勇者ヨシヒコシリーズ」映画「銀魂」

ドラマ【過保護のカホコ】キャストあらすじ主題歌まとめ。竹内涼真ラストコップ以来のキャラに期待。高畑充希をディスりながらも恋に落ちるか?

ドラマ【下北沢ダイハード】ゲストキャストの出来事まとめ 下北沢で光石研 麻生久美子 夏菜 佐藤二朗が”とんでもない日”を演じる

天満龍二 平山浩行

「週刊星流」編集部デスク。しっかり者で仕事熱心な編集部のエース。5年前「圭吾のスキャンダル」を星流に掲載した張本人だが、ねつ造の真相は知らない。沙織の存在にいち早く違和感を持ち、情報屋の城田を雇って素性を調べさせる。後に、沙織から5年前の真相を打ち明けられ、ある選択を迫られる事になる。

1977年10月17日。岐阜県瑞穂市出身。映画「昼顔」ドラマ「先に生まれただけの僕」

高槻裕也 堀井新太

圭吾の元秘書。圭吾の事を尊敬しており、良きパートナー。圭吾の自殺後、政界を引退し投資家となり成功。沙織の気持ちを汲み、復讐を影ながら助けて行くが、次第に復讐を止まらせようと考えるようになり、圭吾に代わって沙織を守っていきたいと好意を抱くようになる。

1992年6月26日。東京都葛飾区出身。映画「青空エール」ドラマ「3人のパパ」

芦原咲良 岡野真也

新入社員で沙織のパートナー。ファッション誌に配属希望だったが、週刊誌に配属され、沙織との行動を最初は嫌がるが、活躍すればファッション誌に異動できるのではないかと思い、しぶしぶ協力している。

1993年2月22日。栃木県宇都宮市出身。モデル。ドラマ「ボク、運命の人です。」「死幣ーDEATH CASHー」映画「時をかける少女」教養番組「大人の基礎英語」

【ネタバレ】ボク、運命の人です 1話から最終話まで全話あらすじ/ストーリーまとめ タイムリミットは3ヶ月!亀梨和也は地球を救えるか!

石山綾子 中村映里子

沙織の妹。シングルマザー。沙織が静養施設で生活を送っていた時も、唯一連絡を取り合い、支え続けていた。綾子は沙織が失踪した後、別れた恋人の子供を出産し、シングルマザーとして悠斗を育てる。

1988年9月14日。山形県南陽市出身。映画「結婚」ドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか? 第5話」

映画「結婚」あらすじとキャスト”史上最高傑作”の結末とは?西谷監督が惚れ込んだディーン・フジオカ注目の主演作

糸賀朱里 鈴木砂羽

精神科医。沙織の妹・綾子の紹介で、復讐の為に都内に戻ってきた沙織の担当医として、精神のケアを行う。沙織のよき理解者だが、実際は、沙織の復讐を洗脳に近いほど過度に煽っている。

1972年9月20日 。静岡県浜松市中区出身。映画「俺物語!! 」ドラマ「特命係長 只野仁」

寺田圭吾 高橋光臣

将来を嘱望されていた政治家。5年前、ある人物の策略により身に覚えのないスキャンダルが報じられ、それを苦にして自ら命を絶つが、死の直前に、自分を陥れた3人の人物について告白する動画を沙織に残していた。

1982年3月10日 。大阪府出身。映画「真田十勇士」ドラマ「4号警備 第4話」

ドラマ「4号警備」全話ストーリー最終回までネタバレ!印象的な橋の意味するところとは?

スポンサードリンク

ドラマ【ブラックリベンジ】あらすじの紹介

人気週刊誌『週刊星流』の契約ライター、今宮沙織(木村多江)。

スキャンダルに只ならぬ執着を持ち、新人ながら数々のスキャンダルをスクープしている沙織は、元々、政治家である夫の圭吾とお腹の中の第一子と共に幸せに暮らしていた。

しかし、5年前、圭吾の金銭スキャンダルと愛人スキャンダルが『週刊星流』によって報じられ、圭吾はスキャンダルを苦に自殺。そのショックで、お腹に宿していた子供も流産してしまう・・・

全てを失い世間から隠れて暮らすようになって5年。

田舎の療養施設で静養していた沙織のもとに何者かからUSBが届き、USBの中には圭吾が自殺する直前の遺言が残されており、スキャンダルはねつ造で、自分をスキャンダルに追い込んだ3人の実名が明かされていた。

沙織は『夫を殺した3名』に対し、『夫と同じ目にあわせて復讐する』事を心に誓い、復讐の道を歩んでいく。

そして沙織は、無実のスキャンダルで死ななければならなかった夫・圭吾の復讐を果たすため、夫のスキャンダルを報じた『週刊星流』の契約ライターとして自分がスキャンダルを操る側となり夫を陥れたターゲットたちを追い詰めていく。

ドラマ【ブラックリベンジ】みどころと原作の紹介

ドラマ【ブラックリベンジ】は、完全オリジナル脚本となるため、原作はありません。その、ドラマの脚本を担当したのは「臨床犯罪学者 火村英生の推理」や「THE LAST COP / ラストコップ」などを手がけた佐藤友治が担当します。

演出には「ブランケット・キャッツ」や「サイコメトラーEIJI」の大谷太郎。

ドラマ【ブランケット・キャッツ】キャストとあらすじの紹介。矢野顕子の主題歌と得田真裕のサントラについて

チーフプロデューサーには、バラエティ番組「愛の修羅バラ!」などを手がける柿本幸一とドラマ「木下部長とボク」などの田中壽一が参加。

プロデューサーには、「婚活刑事」の福田浩之と有岡大貴主演ドラマ「孤食ロボット」などを手がける尾上貴洋です。

ドラマ【孤食ロボット】キャストあらすじ紹介 有岡大貴 髙木雄也 八乙女光が全てのお一人様に捧ぐハートウォーミングな物語

ドラマ【ブラックリベンジ】は本格的な週刊誌ライターのお話。

その監修に当たるのは、元週刊文春エース記者として、ワイドショー「ひるおび!」などでコメンテーターとしても知られ、「SMAPを壊した独裁者メリー」などの書籍を持つ週刊文春の記者だった中村竜太郎。

どこまでも人間の醜い感情が渦巻くサスペンス感満載のドラマです。

復讐という醜い感情は、果たして浄化されるのか、それとも、最後まで復讐の鬼と化してしまうのか?

復讐に燃える女ライターと周りの人物との関係性をどのように描いていくのかに注目です。

ドラマ【ブラックリベンジ】放送日時の紹介

ドラマ【ブラックリベンジ】の放送は、読売テレビ・日本テレビ系のプラチナナイト枠にて放送です。

初回放送は2017年10月5日木曜日の夜、11時59分からスタート。

ドラマ【ブラックリベンジ】と同時期放送のドラマおすすめ3作品

ドラマ【この声をきみに】キャストあらすじの紹介 みどころはダメ男 竹野内豊と麻生久美子の秘められた過去

ドラマ【ラブホの上野さん 2】キャストあらすじの紹介 本田奏多の変人っぷりが3割り増しで古畑星夏もオトナ女子化

アマゾンドラマ【東京アリス】キャストあらすじまとめ 原作は映画「クローバー」の稚野鳥子

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。