ドラマ【ザ・ブラックカンパニー】キャストあらすじ。工藤阿須加と岡山天音がブラック企業を正す!江上剛原作小説を実写化。主題歌に「下北沢ダイハード」などで知られる創造集団「雨のパレード」

スポンサーリンク

2018年8月から放送のドラマ【ザ・ブラックカンパニー】

主演はドラマ「明日の約束」や「海月姫」など話題作への出演が続く、工藤阿須加。

さらに、若手個性派として人気の岡山天音が同僚役にキャスティングされ、同時期にドラマ化された「ラストチャンス 再生請負人」などで知られる江上剛の原作小説が実写化されます。

ここでは、ドラマ【ザ・ブラックカンパニー】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

スポンサーリンク

キャスト

水野剛太 工藤阿須加

高校卒業後、音楽にのめり込むもののいまだに芽が出ず、突然、コンビニのバイトも失う。その後商品に意見したことから尾関にスカウトされハンバーガーショップ「ヤンキーバーガー」の正社員になり、過酷な現場で働くことになる。

1991年8月1日。埼玉県所沢市出身。映画「ちょっと今から仕事やめてくる」ドラマ「カンナさーん!」「明日の約束」

如月雅也 岡山天音

剛太の同期入社。有名大学中退の元ひきこもり。

(おかやま あまね)1994年6月17日。東京都出身。映画「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」ドラマ「貴族探偵」

菊川玲子 MEGUMI

ハンバーガーショップ「ヤンキーバーガー」のエリアマネージャー。愛嬌はあるが内心は冷めている。

1981年9月25日。岡山県倉敷市出身(島根県松江市出生)。本名 古谷 仁、旧姓 山野 仁。映画「アイネクライネナハトムジーク」ドラマ「黒い十人の女 第2話」「デイジー・ラック」

倉田隆一 村上虹郎

ヤンキーバーガー近所に住む常連客。

(むらかみ にじろう)1997年3月17日。父は俳優の村上淳、母は歌手のUA。映画「ハナレイ・ベイ」ドラマ「この世界の片隅に」

尾関克也 速水もこみち

ハンバーガーチェーン「ヤンキーバーガー」社長。カリスマ性を持って従業員たちを洗脳する。愛車はフェラーリ。

(はやみ もこみち)1984年8月10日。東京都出身。映画「海月姫」ドラマ「東京タラレバ娘」

大溝未男 尾上寛之

ヤンキーバーガー国町店店長。いつも笑顔で仕事に当たる。

1985年7月16日。連続テレビ小説「ぴあの」ドラマ「リバース」映画「3月のライオン」

猪瀬武雄 深水元基

ヤンキーバーガーの教育研修係。通称「鬼タケ」指示棒を持ち、厳しく指導する。

(ふかみ もとき)1980年1月20日。東京都出身。映画「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」ドラマ「フランケンシュタインの恋」「コウノドリ」

大溝喜美子 高橋ひとみ

大溝未男の母親。

1961年8月23日。 東京都出身。頌栄女子学院高等学校卒業。映画「夜逃げ屋本舗」ドラマ「下北沢ダイハード 第1話」

伊藤碧 保紫萌香

ヤンキーバーガーアルバイト。大学生だが通学せずほぼ毎日バイトしている。

(ほし もえか)1995年8月23日。千葉県出身。映画「THE END OF ANTHEM(ジ・エンド・オブ・アンセム)」ドラマ「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」

あらすじ

ミュージシャンを目指し、フリーター生活をしていた水野剛太(工藤阿須加)は、突然、バイトしていたコンビニが閉店し途方に暮れていた。そんなある日、新規オープンしたハンバーガーショップ「ヤンキーバ―ガー」が目に留まり店に入ると、フェラーリを乗り回す社長、尾関克也(速水もこみち)に、味の感想を求められる。

「まぁまぁだけど、パンチが足りないかな?」などと、適当に上から目線の感想を言うと、そんな水野を気に入った尾関に「うちで正社員として働いてみないか?」とスカウトされる。

フリーター生活をやめてヤンキーバーガーに入社すれば、母を安心させられると同時に、いつかフェラーリに乗れる人生が待っているんだと思い、入社試験を受ける決心をする。

試験会場に行くと、やけにセクシーなミニスカートの女性・菊川玲子(MEGUMI)に案内される。そこには水野の他に有名大学を中退した引きこもりの如月雅也(岡山天音)しかいなかった。2人はそのまま無試験で合格。無試験だったことに、やや不信感を覚えるも、尾関が世界一のハンバーガーショップにするという夢を熱く語る姿についついその気にさせられてしまった2人は、その場でよく読みもせず、“就労契約書”にサインする。そして、そのまま「鬼タケ」こと猪瀬武雄(深水元基)の指導の下、3日間の泊まり込み研修で拳や指導棒で叩かれ、怒鳴られながら、会社の理念や仕事内容を叩き込まれる水野たち。心が折れそうになる寸前に、尾関がやってきて“アキラメ”を反対から読んだ言葉「メラキア精神」について語り出し、それで2人は完全に洗脳され、研修を終えて同じ店舗に配属される。

そこの店長の大溝末男(尾上寛之)は笑顔を絶やさず誰よりも働く真面目な人物だった。しかし、大溝は店に泊まり込んで働く日々が続き、売上が悪いと社長からプレッシャーをかけられ、時には支出を抑えるためにアルバイトの人件費を自らの給料から補てんしているという。

そんな時、水野はアルバイトの伊藤碧(保紫萌香)から、ヤンキーバーガーがブラック企業だという噂がある、と聞かされ…。

原作やスタッフ

ドラマ【ザ・ブラックカンパニー】の原作は映像化された「ラストチャンス 再生請負人」や「庶務行員 多加賀主水が許さない」で知られる江上剛の同名小説。

「ザ・ブラックカンパニー 単行本」をアマゾンでチェック!

監督には「医龍-Team Medical Dragon-」シリーズや「きみが心に棲みついた」の水田成英、「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」シリーズや「プリズンホテル」の岡野宏信、「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」の本間利幸。

脚本には「L-エル-」「感情8号線」で知られる阿久津朋子、「ONE PIECE」「表参道高校合唱部!」で知られるますもとたくや。

プロデューサーには「『the TEAM NACS perfect show』〜なんでこんな時に〜」の鹿内植。

チーフプロデューサーに「バスケも恋も、していたい 」や「KISSしたい睫毛」などの郷田悠、「君に捧げるエンブレム」や「セシルのもくろみ」などの浅野澄美が参加しています。

話題、見どころ

2018年2月からCS・フジテレビTWOで放送されていた今作は、電通に象徴されるような「ブラック企業」がテーマ。

原作の評価は低めであり、実写ドラマに向いているのでは?という意見も見られる作品で、どうしようもない二人がブラック企業の不正を正すという「勧善懲悪」の王道のような作品。

井上真央主演「明日の約束」などで重要な役を演じていた工藤阿須加が主演ですが、正直なところ未知数な作品です。

実際に働いて見たらわかることですが、ブラックかどうかに限らず、企業の体質を変えるということは、それこそ創業年数と同じかそれ以上の時間を必要とする大仕事。

そもそも人間は、自分が持っている「悪習」の一つを変えることですら非常に難しいことです。企業となれば、そんな人間が何百人何千人という単位で働いている組織。

「勧善懲悪」は見ていてスカッとしますが、是非とも現実世界の中でも様々な「不具合」が、変革することを心から願うばかりです。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【ザ・ブラックカンパニー】の劇伴音楽「33分探偵」「西部警察」の音楽を手がけてきた石田勝範が起用されています。

「ドラマ【ザ・ブラックカンパニー】 オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

ドラマ【ザ・ブラックカンパニー】の主題歌に「下北沢ダイハード」NHKアニメ「ほのぼのログ」のテーマ音楽で知られる雨のパレードの「MARCH」が起用されました。

「MARCH」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

雨のパレードは、鹿児島や大分出身のメンバーで構成される四人組ロックバンドで、新時代のアートロックとして注目され、ロックバンドではなく、総合芸術の「創造集団」として活動していることでも知られています。

放送情報

放送局:フジテレビ(関東のみ)
初回放送・曜日:8月20日、(関東ローカル)24:55~(全6話)
前ドラマ:「-」

あらすじ・キャスト部分引用元はドラマ公式サイト

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)