すみれの幸せと覚悟!朝ドラ「べっぴんさん」13話〜18話(第3週)感想ネタバレ!

いつもお読みいただきありがとうございます。

芳根京子主演のNHKの朝の連続テレビ小説

「べっぴんさん」

今回は「べっぴんさん」の13話〜18話(第3週)の感想です!

ネタバレも含みますので、まだ見てない方はご注意くださいね!

まずは、今回の放送のあらすじを振り返ります。

スポンサーリンク

連続テレビ小説「べっぴんさん」13話〜18話(第3週)あらすじネタバレ!とにかく前へ進む時代!

近江坂東家に疎開していたすみれとゆりは

戦後の食糧難から伯父の長太郎(本田博太郎)に家を出ていくようにいわれ

すみれは神戸にゆりは帰還した潔とともに、大阪にもどることになる。

すみれはさくらとお手伝いの喜代とともに小さなバラックで一緒に暮らしながら、紀夫の帰りを待つ。

一方ゆりと潔は会社を立て直すため、大阪の闇市で生活を始める。

そんな中、すみれは潔から

「これからの時代は、自分で仕事をして生き抜かないといけない」

と諭され、坂東家に出入していた靴屋の麻田(市村正親)からの提案もあり

靴屋の一角で、手作りの手芸品を売り始めることになる。

しかし戦後の厳しい状況下で「趣味」の品が売れないということに気付き始め

近所の母親たちに手芸品の作り方を教えるが、

モノをもらうことはできるがお金を得ることはできない

すみれは娘と共に、客のジョン(ドン・ジョンソン)のもとを訪れ

外国式のおしめが日本と違うことを知り

昔、外国人相手に、育児講習会を開いていた明美を思い出す…..

神戸の病院をくまなく探すすみれは

ついに明美を見つけ出し、西洋式のおしめの作り方を教えてほしいとお願いするが

過去のことを思い出した明美に、その願いを拒否されてしまう

連続テレビ小説「べっぴんさん」13話〜18話(第3週)感想!新旧の朝ドラ女優の共演!

第3週のお話では、すみれが徐々にお嬢さん的な考えを捨てて

戦後の何もない時代を強く生き抜くための足がかりを見つけるまでのストーリーでした。

潔が戦地から帰還したこと、それと同時期に

身を寄せていた、近江の坂東家から出ていってほしいという状況の中

すみれが自分で考えて決めたのは神戸で紀夫の帰りを待つこと。

きっとこれを決断するにはお嬢様育ちのすみれには、相当の覚悟が必要だったことでしょう。

しかしそれ以上に、厳しさを知ったのは、神戸に出てから。

運良く、戦火を逃れることができた靴の麻田と再会でき、そこで早速「手芸の品」を売ってみることになりました。

しかし、当時では「贅沢品」と呼ばれるものしか作れなかったすみれにとって

初めての商売は思うようには行きませんでした。

そんな中、すみれの商品を買ってくれた外国人通訳・ジョンの妻・エイミーとの出会いは素敵でした。

出産を控え、心配で気が立っているエイミーに対して、すみれは

「無くすものが沢山あるということは、それだけで幸せだということなんです」

とエイミーに伝え、安心させてあげます。

そんな大切なシーンで新旧の朝ドラ女優が共演。

素敵なNHKのはからいでした。

それから個人的に気になったのは、すみれと潔の友人・栄輔(松下優也)との出会いでした。

初対面の時から、栄輔はあからさまに、すみれに「一目惚れ」状態。

すみれが「あさや」の一角で徐々に大きくしていく商売の発展以上に

すみれと栄輔の関係がどう発展していくのかにも注視していきたいところですね!

スポンサードリンク

連続テレビ小説「べっぴんさん」19話〜24話(第4週)あらすじ!「四つ葉のクローバー」が揃う?

べっぴんさん第4週は、すみれが初めて商売で成功するところが描かれるようです。

明美に外国式のおしめを作るには、生地がないと言って相手にされないすみれ。

そんなときに再会したのは、女学校時代の親友の良子(百田菜々子)と君枝(土村芳)

すみれは二人を子供のための品物作りに誘うが二人は戸惑う。

その後、潔と栄輔の協力で、良質の生地を手に入れることができ、

再び明美のもとに行き説得して、エイミーのために外国式のおしめを買ってもらい

「代々大切に着続けられる特別な服」

を作って欲しいと依頼されます。

そこで、早速作ろうとしますが、生地が足りない中、

すみれは母の形見のウェディングドレスを材料に服を作ることを決意。

その覚悟を知った良子と君枝は、一回限りの「手芸倶楽部」を再結成。

完成したドレスをエイミーに手渡し、感激されるすみれ。

その喜びを様々な思いとともに噛みしめることになります。

そしてその後、良子と君枝、そして明美は、すみれのもとを訪れます…..

連続テレビ小説「べっぴんさん」13話〜18話(第3週)のまとめ

ということでいかがでしたでしょうか?

身を寄せていた近江から、自分たちの力で戦後の動乱期を乗り切る覚悟を決めたすみれたち。

これからが、すみれとその仲間たちの本当の意味での大変な時期が始める

その始まりの第一歩が描かれた「べっぴんさん」の第3週でした。

次回も絶対に見逃せませんね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

第4週の感想はこちら

朝ドラ「べっぴんさん」第4週感想(19話〜24話)四つ葉のクローバーが揃うまで【ネタバレ】

この記事を読んでいる方はこちらの記事も読んでいます

朝ドラ「べっぴんさん」7話〜12話(第2週)感想とあらすじ!対象的なゆりとすみれの恋愛【ネタバレあり】

NHK朝ドラ「べっぴんさん」キャストあらすじと、モデル坂野惇子&ファミリアの由来!

NHK朝ドラ「べっぴんさん」ロケ&撮影地の周辺スポットご紹介!

NHK朝ドラ「べっぴんさん」OPソング(主題歌)とサントラをご紹介!ヒカリノアトリエの想いとは?

芳根京子出演のドラマ映画舞台まとめ!NHKべっぴんさんでブレイク目前!?

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。