涙腺崩壊しました(笑)朝ドラ「べっぴんさん」1話〜6話(第1週)の感想!

スポンサーリンク

いつもお読みいただきありがとうございます。

芳根京子主演のNHKの朝の連続テレビ小説

「べっぴんさん」

がいよいよスタート!

今回はドラマの記念すべき第1話〜6話(第1週)の感想です!

ネタバレも含みますので、まだ見てない方はご注意くださいね!

まずは、今回の放送のあらすじを振り返ります。

スポンサーリンク

朝ドラ「べっぴんさん」第1話〜6話(第1週)あらすじネタバレ!

昭和9年(1934年)神戸

まだまだ、すぐそこに迫っていた第二次世界大戦。

まだまだ、モノのない時代、神戸で暮らす坂東一家

お母さんが病気で入院していて、たまにお父さんと行く御見舞。

そこで、すみれは初めて作ったお手製の刺繍のハンカチをお母さんに渡そうとしますが

下手なことをうまく認められず、ハンカチを持ったまま飛び出していってしまいます。

靴屋の麻田(市村正親)が姉の靴を作るために屋敷に来ていたとき

靴を作るのにも、針と糸を使うということを知ります。

気になったすみれは、街にある、靴屋に行きたいと思いますが

お手伝いさんに、外の危険さを諭され、街に行くことを禁じられます。

幼馴染の潔がに「連れてってもええよ」と言われ、

最終的には麻田が靴を作るところを見ることができ

そこで「誰がどんな思いを込めて作るかが重要なんだよ」

という大切な言葉を聞きます。

そして、すみれは母に

下手だけど思いを込めた「すみれと百合」を刺繍した手作りのハンカチを

渡すことができたのでした。

しかし、そんな母の体調は思わしくなく、本人も自分の死期を悟っていて

五十八(生瀬勝久)は担当医に頼み、はなと一緒に家で過ごしたいといい

久しぶりにはなは、家族4人で過ごしました。

庭で遊ぶ子どもたちを見ながら、はなは五十八に

「娘達を頼みます」

と思いを伝え、娘達のそれぞれの性格を暖かく見守ってほしいと言う思いを伝えます。

母が逝きその後8年が経ちます。

女学校へ通うすみれは、友達に刺繍したもんぺを贈ります。

日の丸弁当が当たりまえの時代。

後に、すみれと仕事をすることになる、小野明美(谷村美月)の母で、

坂東家で女中をしていたマツも戦争の影響を受け、暇を出されます。

そんな時、幼馴染の潔(高良健吾)への恋心に気付くすみれ。

しかし、姉のゆりも潔への想いがあることを知るのでした・・・

朝ドラ「べっぴんさん」第1話〜6話(第1週)感想!涙腺崩壊で困ってます(笑)

第1話から6話まで、すでに3,4回ボロボロと泣いてしまい、

朝から複雑な感情を抱えながらお勤めに向かうというのが早くも習慣になり始めています(笑)

私より泣き虫さんもいるようですが☻

第1週を振り返ると、すみれのお母さん、はな(菅野美穂)の視点が主だったと感じました。

第1週の題名は「思いを込めた特別な品」

初めての刺繍を作ったすみれがその出来に納得がいかず

「そんな自分を許せない」というような部分が描かれ

それが、この作品の根底に流れるテーマなのかと思いました。

「贅沢は敵」「欲しがりません勝つまでは」

今では信じられないような価値観が当たり前で、自分のやりたいことをすることすら憚れてい多様な時代

潔がすみれに言った

「ちゃんとやりたいこと見つけて、悔いのないように生きようや」

という言葉の意味が、今以上に重いことだったのかもしれません。

すみれの芯のある性格と、それを心から理解していた母・はな。

「勇気・愛情・信頼・希望」

母が贈った四葉のクローバーの意味。

母・はながナレーションをする物語ですが

毎朝、これからも泣き続け、温かな気持ちになれる。

そんなドラマ「べっぴんさん」が私にとっての「べっぴんさん」です。

スポンサードリンク

朝ドラ「べっぴんさん」第7話〜12話(第2週)あらすじは?

第2週の題名は「しあわせの形」

潔に思いを寄せるすみれがなぜ、紀夫(永山絢斗)と結婚することになるのか?

というのが一番最初に思った疑問です。

やっぱり姉の幸せを想ってなのでしょうか?

そして、世の中は戦争へ突き進み、

あっという間の終戦。

紀夫とすみれの娘・さくらと、焼け野原になった神戸の街。

坂東本家に疎開していた、すみれは神戸に戻り、母として、決意を固める。

そんなところが描かれるのが第2週になるようです。

朝ドラ「べっぴんさん」感想&ネタバレのまとめ

ということでいかがでしたでしょうか?

第1週では、母・はなが夫・五十八にすみれの気質を理解してあげて欲しい

という部分が印象に残っています。

人と人が理解されることの奇跡的な素晴らしさ。

すみれが、はなの教えたクローバーの4つの葉っぱの意味をちゃんと覚えていたこと。

人は人に理解されると「とても幸せ」なんだということが

第1週から知ることができました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【「べっぴんさん」第2週はこちらから】

朝ドラ「べっぴんさん」7話〜12話(第2週)感想とあらすじ!対象的なゆりとすみれの恋愛【ネタバレあり】

この記事を読んでいる方はこちらの記事も読んでいます

朝ドラ「べっぴんさん」7話〜12話(第2週)感想とあらすじ!対象的なゆりとすみれの恋愛【ネタバレあり】

NHK朝ドラ「べっぴんさん」キャストあらすじと、モデル坂野惇子&ファミリアの由来!

NHK朝ドラ「べっぴんさん」ロケ&撮影地の周辺スポットご紹介!

NHK朝ドラ「べっぴんさん」OPソング(主題歌)とサントラをご紹介!ヒカリノアトリエの想いとは?

芳根京子出演のドラマ映画舞台まとめ!NHKべっぴんさんでブレイク目前!?

スポンサーリンク

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。