ドラマ【anone(あのね)】第1話〜最終話をサクッとネタバレあらすじ。広瀬すずと彦星(清水尋也)の結末は?

スポンサーリンク

2018年1月から放送のドラマ【anone(あのね)】

主演は映画「怒り」や「三度目の殺人」など演技派としても成長著しい広瀬すず。

その役は若くして全てを失ってしまった少女。その少女と出会い、運命を変えていく女性に田中裕子がキャスティングされました。

広瀬すずの10代最後の連続ドラマに「カルテット」「Woman」などの脚本家・坂元裕二とのタッグでオリジナル脚本での放送です。

ここでは、ドラマ【anone(あのね)】の第1話から最終話までの全話あらすじをネタバレで紹介しています。

スポンサーリンク

この記事の見出し

ドラマ【anone(あのね)】第1話ざっくりネタバレあらすじ

祖母・為貝真砂子(倍賞美津子)と過ごした柘という町での幸せな思い出を、チャットで知り合ったカノンさん(清水尋也)に話す辻沢ハリカ(広瀬すず)。ネットカフェで共に寝泊まりする笠木有紗(碓井玲菜)網島美空(北村優衣)らと共に柘の海岸に大金を探しにいく。

その大金を自宅の床下で見つけ処分しようとしていた林田亜乃音(田中裕子)は、海岸でお金を奪い去ったハリカの過去を偶然知ることになる。ハリカが幸せな時を過ごした祖母の家は、身寄りのない子や問題児の治療を目的とした施設「ためがい学舎」で、真砂子はそこの先生だった。しかもそこでは治療という名の虐待が繰り返され「ハズレ」というハリカのあだ名もそこでつけられたものだった。

カノンさんに、祖母との思い出は「嘘」だったと告げると、カノンさんも自分はハリカと「ためがい学舎」で一緒に暮らしていた紙野彦星だと告白する。彦星と会いたいと想いを伝えるハリカだったが、これまでと同じように、チャットゲームの中で外の世界とことを教えて欲しいと言われる。

死に場所を探していた青羽るい子(小林聡美)と、余命半年と言われたカレーショップ店長の持本舵(阿部サダヲ)は亜乃音が大金をか海岸で燃やしているところを目撃し、そのころ、ネットカフェに戻ったハリカは、ポケットに入っていた海岸で見つけたお金の製造番号が全く同じことに気づくのだった・・・。

第1話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

ドラマ【anone(アノネ)】ゲストキャスト登場人物の過去の経緯や事件ネタバレ。織姫が広瀬すずで彦星がカノンさん(清水尋也)なのか?

ドラマ【anone(あのね)】第2話ネタバレあらすじ

持っていたお札の製造番号が全く同じであることに気づいた辻沢ハリカ(広瀬すず)は林田亜乃音(田中裕子)のもとを訪れ理由を問いただす。しかし、肺炎で他界した夫がやったことで自分ではお札を印刷することはできないという亜乃音。そこでハリカは、お札の隠されていた床下から亜乃音の娘・青島玲(江口のりこ)と夫が写っているデジカメを発見する。そこで二人が玲を探しに写真に写っていたラーメン屋に向かうと、玲が息子を持つシングルマザーで近くのガソリンスタンドで働いているとうことを知る。

亜乃音から誘われて林田印刷工場に宿泊することになったハリカは、亜乃音が夫の前妻の娘だった玲を19年間育てた挙句に突如現れた前妻により、瞬く間に奪われたということを聞き、ハリカは「玲に会うべきだ」と説得するが、亜乃音は「ただ生きていることがわかっただけで踊りたいくらい嬉しい」というだけだった。

翌日、亜乃音は工場の清掃をして欲しいと言ってハリカに工場の鍵とお金を渡し、猫の餌を買ってくるようにいう。そのまま外出した亜乃音は玲の働くガソリンスタンドに向かうが、玲と目があうも何もなかったかのように振る舞う玲に、声をかけられずその場を立ち去るほかなかった。

その頃ハリカが猫の餌を買って工場に戻ると、忍び込んでいた持本舵(阿部サダヲ)と青羽るい子(小林聡美)に遭遇。泥棒だと思い二人を問いただすハリカは、二人に手を縛られ車に乗せられカレーショップ「東印度会社」に連れていかれてしまう。

「世の中の裏ルート」を探そうと言われ、店の売却を留まっていた舵だったが、ハリカを連れて店に戻ると、帰ったはずだった幼馴染で「東印度会社」本社の店舗売買の担当者・西海隼人(川瀬陽太)が店内のトイレから出てくる。彼の脇から床に落ちたのは拳銃だった・・・。

第2話のゲストキャストと登場人物紹介&感想はこちら

ドラマ【anone(アノネ)】ゲストキャスト登場人物の過去の経緯や事件ネタバレ。織姫が広瀬すずで彦星がカノンさん(清水尋也)なのか?

ドラマ【anone(あのね)】第2話ネタバレ感想。初期タイトル「Girl&Girls」の深い意味。坂元脚本の名言と共に第1話から振り返り。

ドラマ【anone(あのね)】第3話ネタバレあらすじ

婚約者と婚約解消したのち、生まれてきた「証」として自分の手でなにかを作りたいとカレー屋を始めた持本舵(阿部サダヲ)。目の前には、その開業のフランチャイズを勧めてくれた幼馴染みの西海隼人(川瀬陽太)が銃を手に立っている。会社の上司を撃って来たと言う西海は、辻沢ハリカ(広瀬すず)を人質にして林田亜乃音(田中裕子)に身代金を要求することにする。

青羽るい子(小林聡美)が亜乃音を訪ね事情を話すと、亜乃音の夫の保険金を出すことになり、そこでるい子はハリカが亜乃音の娘ではないことを知る。西海らにお金を渡し、ハリカと再会できたことに訳もわからず抱き締める亜乃音。安堵する二人の目の前に落ちてきたのはるい子に頼まれて亜乃音が刷った偽札で、るい子は一千万円を手にバスで逃亡していた。

自分が受け取った封筒が偽札であることに気付いた西海は、拳銃を自分の頭に向けるが舵に引き留められ、舵からガンであると告白される。しかし、それを嘘だと思った西海は舵を殴り偽札をもって一人海辺へと向かう・・・。

その頃、職場の店長から頼まれ、林田印刷所から識別器をくすねてサービス券を作ったにも関わらず、本格的すぎると却下され落ち込む中世古理市(瑛太)は、海辺に向かった西海が警察に引き留められながらも自らの銃で頭を撃ち抜くところを目撃する。

西海が持っているのが林田印刷所の封筒であることに気づいた理市は警察官が現場を離れた隙に、封筒を拾い上げ中身を確認するのだった。

第3話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

ドラマ【anone(アノネ)】ゲストキャスト登場人物の過去の経緯や事件ネタバレ。織姫が広瀬すずで彦星がカノンさん(清水尋也)なのか?

ドラマ【anone(あのね)】第4話ネタバレあらすじ

林田亜乃音(田中裕子)の一千万円を持ち逃げした青羽るい子(小林聡美)が消息を絶ってから3週間ほどが経った頃、「お金で自由が買える」と、難病で闘病しているカノンさん / 紙野彦星(清水尋也)を助けたいと思っている辻沢ハリカ(広瀬すず)は、貸店舗となった元「東印度会社」で持本舵(阿部サダヲ)と遭遇し、瑠衣子の息子・樹(武藤潤)の電話番号を頼りにるい子の夫・相良家のマンションを訪れる。

そこで、るい子が幽霊が見えると言い出し、家を出て行ったことを知った舵とハリカは、その帰りにるい子と遭遇する。

るい子のアパートで事情を聞いていると、壺に隠していたはずの一千万円が盗まれていることに気づく三人。盗んだ犯人はすでに消息が分からず、相良家に戻って妻としてやり直すと言うるい子に、舵は好きだから一緒にいて欲しいと想いを伝えるのだった。るい子は相良家で息子・樹と一緒に食事を作り、離婚届にサインをし、るい子が常日頃見る幽霊で、るい子のお腹の中で命を落とした娘「アオバ(蒔田彩珠)」への未練を断ち切るのだった。

その後警察に出頭しようとするるい子は、舵とハリカに説得され、亜乃音に事情を話しお金の返済を待ってもらおうとする・・・。

その頃亜乃音は仕事の途中に、血の繋がりのない娘・青島玲(江口のりこ)の職場で孫の青島陽人(守永伊吹)に遭遇し家まで送ることになる。その夜、玲と話し合うことになった亜乃音だったが「お互い他人なのだから、今後は一切会わないで欲しい」と言われ、返す言葉もない亜乃音だった。

「春に結婚する」と話す玲を自宅で出迎えたのは、妻の中世古結季(鈴木杏)と結婚生活をする林田印刷所の元職員の中世古理市(瑛太)だった。

第4話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

ドラマ【anone(アノネ)】ゲストキャスト登場人物の過去の経緯や事件ネタバレ第4話。

ドラマ【anone(あのね)】第5話ネタバレあらすじ

自首をするつもりで林田亜乃音(田中裕子)の元に謝罪に向かった青羽るい子(小林聡美)と持本舵(阿部サダヲ)だったが、偽札製造が警察にバレることから亜乃音に謝罪は受け入れらない。しかし、亜乃音はそんなるい子と舵を受け入れ「猫が増えたようなもの」といい、辻沢ハリカ(広瀬すず)を含めた四人は林田印刷所で共同生活を始める。

「『いつか』は僕にとって3億年先」病気は必ず治ると励ますハリカだったが、カノンさん / 紙野彦星(清水尋也)はただハリカの話を自分自身の冒険として聞きたいと願うのだった。突如チャットゲームに彦星のログインが途絶え、彦星がICUに入っていることを知ったハリカは、何もできない自分を誤魔化そうとするが、亜乃音に説得され、彦星の病室の見えるところで一晩を過ごすのだった。無事彦星は病室に戻り、ハリカは喜び、二人は「いつか会って、流れ星を一緒に見よう」と約束するのだった。

その頃中世古理市(瑛太)は亜乃音の娘・青島玲(江口のりこ)と結婚の約束をしながら、妻の中世古結季(鈴木杏)との二重生活を送り、亜乃音の夫・林田京介(木場勝己)とともに長年研究していた偽札の製造に成功する。舵が印刷業の仕事にチャレンジしたいと言ったことから、林田印刷所に呼ばれた理市は、ハリカやるい子らがいる中、四人に、一緒に偽札製造を手伝って欲しいと話すのだった。

第5話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

ドラマ【anone(アノネ)】ゲストキャスト登場人物の過去の経緯や事件ネタバレ第5話。

ドラマ【anone(あのね)】第6話ネタバレあらすじ

中世古理市(瑛太)から偽札造りを手伝ってほしいと真剣に頼まれた辻沢ハリカ(広瀬すず)、林田亜乃音(田中裕子)、青羽るい子(小林聡美)、持本舵(阿部サダヲ)たち。悩みながらも理市の働く弁当屋に向かったハリカは遭遇し仲良くなった青島陽人(守永伊吹)ととも印刷所に向かう。そこへ、娘の青島玲(江口のりこ)から「陽人とは会うな」と言われていた亜乃音が帰宅してしまう。

そこでハリカは、感性の豊かな陽人に過去の自分を思い出し、陽人が周りから「変な子」だと言われているのを聞いて涙するのだった。そのころ、偽札造りに興味を持った舵は偶然理市と再会したことから、偽札に使う紙サンプルを預かる事になる。それを見たるい子は激怒し、ハリカは、その偽札に使う紙サンプルを捨てにいくのだった。

亜乃音は陽人と会っている事を知られ、玲にキツく叱られながらも、陽人を大切にして育てて欲しいと伝えるのだった。その後、理市から、過去に玲たちが住んでいるアパートで起こった火事の原因が、当時幼稚園児だった陽人である事を知らされ、そのことを知った林田京介(木場勝己)が、理市から唆されて、孫の陽人を守りたいという一心から理市の目論む偽札造りを共に始めたと言うのだった。

その話を聞き、偽札造りに心が傾き始めた亜乃音が自宅に戻ると、その様子を見たるい子は「借りがあるので亜乃音さんのためならどこまでもついていく」という。

さらに、偽札の紙サンプルを捨てずに帰宅したハリカはカノンさん / 紙野彦星(清水尋也)から「欲しいものはないのか?」と言われたことから、亜乃音に「どうしてもお金が欲しい」と伝えるのだった。

それぞれが、それぞれの理由から「機械も人の目も騙せる偽札造り」に誘い込まれようとしていた。

第6話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

ドラマ【anone(アノネ)】第6話ゲストキャスト登場人物の過去の経緯や事件ネタバレ。

ドラマ【anone(あのね)】第7話ネタバレあらすじ

ハリカ(広瀬すず)には何も言わずに普段の生活の中で、理市(瑛太)に教えられながら偽札製造に動き始めた亜乃音(田中裕子)るい子(小林聡美)と舵(阿部サダヲ)の三人。そんな中、真っ当に働きながらお金を貯めて、彦星(清水尋也)を助けなさいと亜乃音から諭されたハリカは高時給のアルバイトを始め、朝から晩まで働きづめの日々を送り、亜乃音の自宅に戻らない日々を過ごす。

久しぶりに亜乃音の家に帰ったハリカは偽札製造をしている現場を目撃し、犯罪と分かりながらも関わることになる。ハリカに「普通の生活をして欲しい」と願っていた亜乃音は、玲(江口のりこ)の時と同じように、ハリカのことを自分子供のように扱ってしまったことを謝り、それでもいざという時は、ハリカの母親のように振る舞わせて欲しいと願い、ハリカは涙ながらに感謝を伝えるのだった。

その頃、彦星は高校の同級生の茉歩(藤井武美)から、彦星の両親と茉歩の父親が会って話し合っていると聞かされる。

理市の妻・結季(鈴木杏)が理市の偽札製造の作業場を偶然にも見つけてしまった頃、亜乃音たちは練習として取り組んでいた、偽千円札の製造に成功し、識別のための練習台としていた自販機で偽札で買ったジュースを飲み祝杯をあげていた・・・。

第7話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

ドラマ【anone(アノネ)】第7話ゲストキャスト登場人物の過去の経緯や事件ネタバレ。

ドラマ【anone(あのね)】第8話ネタバレあらすじ

自販機でテストした偽千円札を取り戻すため自販機の管理者の酒屋で買い物をするハリカ(広瀬すず)、理市(瑛太)、舵(阿部サダヲ)の三人。

その様子と自販機の前で異様に喜ぶ亜乃音(田中裕子)たちを息子の三太郎(和田聰宏)とともに目撃した花房万平(火野正平)は、亜乃音の元で三人が暮らし始めてからの亜乃音の異変が気になっていた。偽一万円札製造が進むなか、玲(江口のりこ)が陽人(守永伊吹)を連れて工場を訪れる。そこで玲は、間違ったことだと知りながらも理市との関係を持っていたのは、わずかでも亜乃音から認めてもらいたいと言う気持ちがあったことを告白する。それがきっかけで亜乃音とも昔のように話せるのではと、わずかな希望を持っていた玲がったが、一方的に反対するばかりの亜乃音に失望し、亜乃音もまた自分を「ダメなお母さん」だと言って涙するのだった。

チャットゲームを通して、彦星(清水尋也)の同級生・香澄茉歩(藤井武美)から呼び出されたハリカ。そこで、茉歩はハリカと彦星が交際していないことを知り安心するが、彦星はハリカと約束したことがあると茉歩に伝え、茉歩の父が代金を支払うことになっている重粒子線治療を拒否するのだった。そこで彦星はハリカに初めて電話をつなげ、茉歩とは「ただの友達」だということ、そしてハリカだけが特別な存在だと伝え、ハリカもまた「きっと、私もその気持ちと同じ」と答えるのだった。

偽一万円札はついに完成し、五人はそれぞれに偽札を試すために夜の街に出ていく。舵とるい子(小林聡美)の偽札は失敗し二人は工場に戻る。理市は銀行のATMで試すがエラーとなり偽一万円札は機械に入ったまま出てこなくなってしまう。理市が工場に戻り新たに偽札を印刷しているところ、改めて亜乃音にプロポーズした万平がやってきて偽札製造の現場を目撃してしまう。何としても公表して欲しくない亜乃音たち。理市が万平の首を絞めてもみ合いになっているところに、唯一、偽札テストに成功していたハリカが戻ってきて、その様子を目撃するのだった。

第8話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

ドラマ【anone(アノネ)】第8話ゲストキャスト登場人物の過去の経緯や事件ネタバレ。

ドラマ【anone(あのね)】第9話ネタバレあらすじ

中世古理市(瑛太)に首を絞められた花房万平(火野正平)は偽造紙幣が世に出回っていないことを聞き、林田亜乃音(田中裕子)たちの様子を見て表立てないことにする。両替機には通らなかったと嘘をついた辻沢ハリカ(広瀬すず)たちは、偽札製造を諦めることにする。

そんな最中、理市がATMに取り残した偽造紙幣が表沙汰になり、そのニュースを見た理市の妻の中世古結季(鈴木杏)は警察に通報し家を出て行ってしまう。警察から終われる身となった理市は、印刷所の証拠を消すために持本舵(阿部サダヲ)とともに山奥へ向かうが、そこで舵はこれからも偽札製造を続ける理市について行きたいと伝え、二人は再び落ち合う約束をする。

舵は青羽るい子(小林聡美)から「あなたとならこれからも一緒にいれるかも」と告白を受けるが、決意は変わらず「あなたを看取らせて欲しい」と願うるい子の前から姿を消す。

青島玲(江口のりこ)に別れを告げに行った理市は、玲の息子・陽人(守永伊吹)が、幼稚園児の時に起こったアパートの火事の真実を思い出し、原因が自分だと気づいたことを知るのだった。

その頃、カノンさん / 紙野彦星(清水尋也)から病室デートに誘われ、初めて会えることに心踊らせていたハリカだったが、デート当日に遭遇した香澄茉歩(藤井武美)から「好きな人がいるから彦星は重粒子線治療を断った」と聞き、彦星の病室に入ったものの、顔は合わせずに彦星と別れを告げるのだった。偽造紙幣の捜査で刑事の訪問を受けた亜乃音は、床に落ちていた偽造紙幣の切れ端が見浸かり警察に同行することになる。彦星の命を救おうと辛い決断をして林田印刷所に戻ったハリカは、ハリカを見て「知らない子」だと言い警察に連れていかれる亜乃音を見て、ただ立ち尽くし涙するのだった。

第9話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

ドラマ【anone(アノネ)】第9話ゲストキャスト登場人物の過去の経緯や事件ネタバレ。

ドラマ【anone(あのね)】最終(10)話ネタバレあらすじ

持本舵(阿部サダヲ)の最後を看取ると決意していた青羽るい子(小林聡美)は、林田亜乃音(田中裕子)と辻沢ハリカ(広瀬すず)が自首したニュースをみてもその決意は揺らがず、新たに押し花を始めた舵とともに最後のひと時を過ごすのだった。「好きな色は青羽さんの青です。」舵が息を引き取った朝のニュースで、過去に舵が受けた街頭インタビューの映像で舵の想いを知ったるい子は、警察に出頭し服役することになる。

少年鑑別所に入ったハリカの元を、重粒子線治療を受けて腫瘍が消えた紙野彦星(清水尋也)が突如面会に現れる。30分の面会で話題の途切れない二人は、別れ際にゆっくりと手を合わせるのだった。「もう彦星と会うことはない」そう言ってハリカは一人静かに彦星との過去に決着をつける。

鑑別所から出たハリカは、未だに亜乃音が事件の全責任を背負おうとしていることを知り、青島玲(江口のりこ)の元にかけられてくる無言電話を使って中世古理市(瑛太)と再会し自首を促すと、理市は最後に青島陽人(守永伊吹)と会わせて欲しいと願うのだった。自分が過去のアパート火災の原因だという記憶が蘇った陽人に理市は「人間の記憶は間違うことがある」と言い、自らが放火したと嘘をつくのだった。

その後、理市が出頭したことで懲役3年で出所することになった亜乃音は、22歳になったハリカに迎えられ再び林田印刷所にもどる。すでにるい子も服役を終え、幽霊となった舵とともに四人は久々の再会を喜ぶ。「自分で決めて、一人になりたい。」ハリカは、帰る場所があるからこそ一人で自分の人生を生きてみたいと、一人暮らしをすることを亜乃音に伝える。

流星群が見えると知った四人は印刷所の二階に登り、月の出る夜空の流れ星に手を合わせ願うのだった。

第10話のゲストキャストと登場人物紹介はこちら

ドラマ【anone(アノネ)】第10話ゲストキャスト登場人物の過去の経緯や事件ネタバレ。

ドラマ【anone(あのね)】ファンが読んでいる、そのほかの記事

ドラマ【anone(あのね)】第1話から最終話までのロケ地まとめ。広瀬すずがスケボーで行った横浜、佐倉、富士市など

ドラマ【anone(アノネ)】ゲストキャスト登場人物の過去の経緯や事件ネタバレ。織姫が広瀬すずで彦星がカノンさん(清水尋也)なのか?

ドラマ【anone(あのね)】第1話〜最終話をサクッとネタバレあらすじ。広瀬すずと彦星(清水尋也)の結末は?

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)