ドラマ「あなたのことはそれほど」第1話から最終話の結末まであらすじ/ストーリーをネタバレ!波瑠と東出昌大がハッピーエンドの可能性は1%

見出し

2017年4月期に放送のドラマ「あなたのことはそれほど」

主演は「あさが来た」でおなじみの波瑠。その役はダブル不倫をする妻。

その夫役には「精霊の守人」への出演で話題の東出昌大。そして、波瑠の不倫相手に劇団エグザイルの鈴木伸之。

描かれるのは全員が狂気に見えてくる夫婦たちの攻防。

ここではドラマの最終話までのネタバレストーリーをご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ「あなたのことはそれほど」のキャストを紹介

波瑠(はる) 渡辺美都(わたなべみつ 旧姓:三好)

「2番目に好きな人」と結婚して「1番目に好きな人」と恋に落ちる女性。

東出昌大(ひがしでまさひろ) 渡辺涼太

美都を一途に愛し続ける「柴犬」のような夫。

鈴木伸之(すずきのぶゆき) 有島光軌(ありしまこうき)

麗華の夫で美都の初恋相手。冷たい印象と人の良さをもっていて、その真意ははっきりせず、不倫を楽しんでるようにも思える男性。

仲里依紗(なかりいさ) 有島麗華(旧姓:戸川)

有島光軌と夫婦で聡明な妻。複雑な家庭環境で育ち、10代の頃から家事を切り盛りするしっかり者。洞察力は鋭い。

山崎育三郎(やまざきいくざぶろう) 小田原真吾

涼太が勤めるインテリア会社の同期かつデザイナー。涼太の悩みや結婚の相談にのってきたインテリ。

大政絢(おおまさあや) 飯田香子(いいだきょうこ)

美都と小学校時代からの親友で、何でも相談できる姉的存在。美都にあきれつつも一途な恋をする美都が羨ましくもある。

中川翔子(なかがわしょうこ) 横山皆美

有島と麗華が暮らすマンションに引っ越してきた、プライベートのズカズカ踏み込んでくる「距離ナシ」主婦。

黒川智花(くろかわ ともか) 森瑠美

美都の勤務先である眼科クリニックの同僚で明るいしっかり者。

成田偉心(なりた いしん) 榎本祐樹

有島の行きつけのバー<Bar Suerte>のバーテンダー。密会する美都と有島の関係を誰よりも知る。

橋本じゅん(はしもとじゅん) 花山司

美都の上司でバツ3ながらも達観した眼科医。複数の女性と関係を持っている。

麻生祐未(あそう ゆみ) 三好悦子

物語のキーパーソンとなる美都の実母でシングルマザー。横浜の元町でスナックを営むママ。ズケズケと物を言う性格から涼太とは仲がいい。

あらすじやキャストの詳細は以下の記事を御覧ください。

「あなたのことはそれほど」キャスト発表!登場人物、キャラと原作のあらすじ見どころを相関図とともに紹介!

ドラマ「あなたのことはそれほど」第1話から5話までのストーリー【ネタバレ】

【第1話】「春の恋、満開!優しすぎる夫×忘れられない運命の人 」あらすじ/ストーリーネタバレ

友人の結婚式で新婦をさらっていく男に手助けをするほど、ときめきを愛する女・美都(波瑠)。ある日勤め先の眼科で涼太(東出昌大)と出会い関係を深めていく。涼太の職場の友人・小田原(山崎育三郎)も認める中、本当にこれでいいのか?と初恋の人・有島(鈴木伸之)との思い出の公園で佇んでいると、以前、駆け落ちを助けた新婦に再会する。彼女が当時の男性とは別れていることを知り「幸せな方がいい」とアドバイスされる。

ピクニックで涼太からプロポーズされた美都だったがまるで、ときめかない。可愛い犬を買っているような感覚になる。3ヶ月後2人は晴れて結婚。美都は自分の気持ちとは裏腹に、占い師から言われた「2番目に好きな人と結婚したほうがいい」という言葉通りの人生を歩むことになる。 平凡な生活が続く中、美都の「有島くん・・・」という寝言を聞いた涼太は不信にる。そんなある日、同窓会の帰りに有島と再会し、話しているうちに中学生の時に渡したクローバーを大切にしていたことを知り、悪いことをしていると感じながらもホテルで肉体関係を結ぶ・・・

【第2話】「暴走する春の恋!背徳の温泉旅行」 あらすじ/ストーリーネタバレ

美都(波瑠)は有島(鈴木伸之)と交際を重ね、都合よく週末に温泉旅行に行くが、そこで有島の妻・麗華(仲里依紗)に子供が生まれそうだという連絡が入り、結婚していることをお互いに告白することになる。

涼太(東出昌大)は美都が寝ている間にスマホのチェックを繰り返し、美都の母・悦子(麻生祐未)が経営するスナックにも訪れ、確証はないまでも、嘘の下手な美都が不倫していることに気づき始める。 その頃、有島のマンションに隣に「夫との関係がうまく行っていない」という横山皆美(中川翔子)が引っ越してくる。

【第3話】「ヤバい夫の哀しみ全てがバレる夜」 あらすじ/ストーリーネタバレ

美都の母・悦子(麻生祐未)が骨折をしたのをきっかけに3人で同居することになる美都(波瑠)と涼太(東出昌大)。美都は自分が買ってきた旅行土産をやけ食いして吐き気をもよおし、それを見た涼太は妊娠かと勘ぐる。ある日、美都の発案で、涼太の同僚・小田原(山崎育三郎)を招いて夕食会をすることになる。有島(鈴木伸之)は妻の麗華(仲里依紗)が出産した後、美都からの連絡を無視していた。

小田原との夕食会の当日、美都は久々の有島からの誘いを「これが最後だ」と考えてランチに行くが帰りに抱きしめられ2人はホテルに向かう。小田原との夕食の準備を出来なかった美都は出来合いのものを購入し、夕食は事なきを得たがデザートを買い忘れたピンチに悦子がババロアプリンを作り置きしていてなんとか乗り越える。その日、有島からのメッセージに返信し、美都がうたた寝している間に涼太がそのメッセージを見てしまう。ある日の夕食で子供を作ろうと話す涼太に、美都は子供は一生いらないと言い切り、涼太は笑いながら「それじゃ、2人で楽しく暮らそう」という。 

【第4話】「最愛の妻への最凶のプレゼント」 あらすじ/ストーリーネタバレ

美都(波瑠)は有島(鈴木伸之)と密会する日々が続き、涼太(東出昌大)は美都と有島のメッセージのやりとりを盗み見し、自分が柴犬と呼ばれていることを知るが、普段通り接し、美都の誕生日のために準備を進める。いつものバーで密会している時に、有島から趣味を見つけろと言われた美都は陶芸教室に通い始め、そこで麗華と遭遇する。

有島は美都の誕生日のお祝いをする約束だったが、子供が熱を出したことからキャンセルする。美都はそんな有島に「重病じゃなければ子供はそんなに重要じゃない」という。誕生日と結婚記念日のお祝いの席で涼太はサプライズプレゼントとして、有島の電話番号を自分の携帯に登録したこと、そして「ずっと変わらず君を愛することができる」と宣言する。

【第5話】「夫VS愛人!地獄の公園デビュー」あらすじ/ストーリーネタバレ

誕生日&結婚記念日の夜以来、涼太(東出昌大)がいつも通り笑顔で接してくることから徐々に気持ち悪く感じる美都(波瑠)。涼太から「大胆で、ずさんで、嘘が下手」と言われ、自らの足らなさを痛感しつつも、有島(鈴木伸之)に会いたい気持ちは募るばかりだった。温泉旅行に一緒に行っていたことにしてほしいと頼んでいた親友の香子(大政絢)からも呆れられ、母・悦子(麻生祐未)からは「あんたが選んだのは人ではなく幸せ。浮気がバレても関係が壊れないなら、それでも笑って生きればいい」と言われる。

有島は麗華(仲里依紗)から美都と陶芸教室で会ったことを聞かされ、カンの鋭い麗華は2人のことを疑い始める。休日、公園にいた有島一家のもとに涼太が現れ、涼太は有島にすべてを話し立ち去っていく。突如雷雨となる中、涼太は傘もささず雷の写真を撮り「ついにお天道様の罰がくだされた」とインスタグラムにアップする。

スポンサードリンク

ドラマ「あなたのことはそれほど」5話までの感想&ネタバレ

第5話はまでは、美都と有島が色々とありながらも密会を続け、そのことに気づいた涼太が反撃の狼煙をあげるまでが描かれました。

ずさんで大胆で、嘘が下手すぎるという主人公美都。見事にモラルが崩壊しまくっています。

サスペンスやホラーのような構成で見せてくるドラマなので、喜びとか、救いというのは5話までのところ一切ありません。

お手上げ状態に有島に恋をしている女と、キリスト教徒でもないのにそんなイかれた妻を愛すると宣言する夫。

最終回では全員がそれぞれの問題を解決して完全ばハッピーエンドが訪れると心から願っていますが、今のところそのような兆候は一切見えません。

有島のことが好きすぎる美都、美都を手放さない涼太、娘を叱るわけでもなく、そのままでもいいじゃないと呑気なモラル崩壊してる美都の母・悦子、嘘が徐々に剥がれつつある有島、全てに気づいているであろう麗華、親友と絶交したい香子。

織田裕二主演の推理ドラマ「IQ246〜華麗なる事件簿〜」の主人公・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)の言葉を借りれば「あ〜、醜い醜い醜い!……この不倫、醜悪至極なり!」と行ったところでしょうか・・・

お互いが純粋にその会話や行動を楽しむ大人の不倫ならまだ見ていてかっこいいと思う部分もあるかもしれませんが、この登場人物たちはすべてが幼稚。

何かのせいにしているうちは幸せにはなれないということが見事に描かれています。こんな生活を送っている方が現実にもいるかと思うとゾッとしてきます。

もっと芸術的な感動するような作品を見たいと思っているので、全く嗜好には合わず、この作品がヒットする世の中って不幸だなと完全に哀れんでいます。

そんな方々に、少しでも祝福がありますように・・・

ドラマ「あなたのことはそれほど」6話から最終話までのストーリー【ネタバレ】

【第6話】「変身夫と家出妻!決別の赤ワイン」 あらすじ/ストーリーネタバレ

涼太(東出昌大)は有島夫妻に接触した後、突如イメチェンをし美都(波瑠)は嫌悪感を強める。何事もなかったように、そして、どんなことがあっても美都を愛することができるという涼太にはじめは「どう楽しくやっていけばいいのかにかかっている」とこれまでのように関係を続けようとする美都だったが、涼太の行動に耐えきれず家を出て行く。

「好きなことしていいって言われたら、あなたのことを今、離さない」有島(鈴木伸之)は涼太が接触してきたことから、妻の麗華(仲里依紗)の感の鋭さを恐れていたが、妻を実家において、一度、話し合おうという美都のもとに向かう。涼太から美都の面倒を見てほしいと言われた香子(大政絢)は、美都と有島との関係を咎めつつ部屋に泊める。

美都は香子から不倫していること責められ「私、悪い大人になっちゃった」と涙を流しながらも、急遽仕事で戻ることになった有島と密会する。「2人で逃げようか」美都から誘われた有島は再びホテルに向かい、部屋に美都の姿がないことから再び有島と密会していると考えた香子は涼太に連絡する。そのことを聞いた涼太は飲んでいたワインを部屋中にぶちまけるのだった。

【第7話】「遂に覚醒!誰よりも恐いうちの妻」あらすじ/ストーリーネタバレ

美都(波瑠)と有島(鈴木伸之)はこれで終わりにしようと言いいながらも、再びホテルで一夜を過ごしてしまう。美都は家出をし母親のお店で働いていた。そこへ涼太(東出昌大)がやってきて2人は占いに行き、美都は涼太に離婚して欲しいという。美都の母・悦子(麻生祐未)の一言で涼太と家に戻った美都は部屋中にワインがばらまかれていることに驚く。

お互い別れた方がいいと小田原(山崎育三郎)からアドバイスされた美都は、涼太に離婚届に記入してもらおうとするが、涼太はわざと間違えて離婚届の用紙を破りながら謝るのだった。

妻の麗華(仲里依紗)に隠れて美都と一夜を共にした有島は「半日でもいいから母を忘れたい」という麗華と2人で食事に行く。焼肉店で麗華から有島が普段行っている店に行きたいと言われ2人はレストランに向う。その席で、有島は幸せな家庭生活に感謝する麗華をみて、美都との不倫のことを謝る。不倫の事実に気づいていなかった麗華は自宅に戻り娘に触れようとする有島に「手を洗って」と冷たくいうのだった。

【第8話】「私、妊娠しました…炎上するW不倫」あらすじ/ストーリーネタバレ

美都(波瑠)は涼太(東出昌大)と別居すべくアパートを探しながら、離婚届の作成をするが、毎回わざと間違える涼太のせいで進展せずにいた。生理が来ないことから妊娠を疑い始めた美都の前に横山皆美(中川翔子)が現れ、美都は病院の名刺を渡す。涼太に妊娠したことを伝え2人は美都が作ったビアマグと蕎麦猪口で夕食をし、涼太はあまりの嬉しさに涙を流す。夕食の後、美都がビアマグと蕎麦猪口をマンションのゴミ捨て場に廃棄していると、マンションには美都が不倫していることをバラす内容のビラがばらまかれていた。

有島(鈴木伸之)と麗華(仲里依紗)は同じマンションの横山夫妻と動物園へ遊びに行くが、有島は皆美の夫・横山良輔(岸山門人)の言動に激怒し横山夫妻と別れ、帰りに、麗華から「なぜ嘘をつき通してくれなかったのか」と言われる。麗華は皆美を慰めるが、彼女が夫婦関係がうまくいかないことに悩んでいることを知る。

【第9話】「ずっと好きだった…切なすぎる結末」あらすじ/ストーリーネタバレ

不倫を暴露するビラが撒かれたことから、手つなぎで出勤するようになった美都(波瑠)と涼太(東出昌大)だったが、美都は涼太に内緒で、小田原(山崎育三郎)の協力のもと引越しの準備を進める。荷造りをしているところに帰ってきた涼太は、小田原が涼太への恋心を抱いていることを知り驚く。

新たな生活を始めた美都は、有島といつものバーで会うが、有島にはもう気持ちがないことを悟る。美都の職場に麗華がやってきて、ビラをばら撒いたのは自分の知り合いだといい謝罪する。「どんな奴が生まれてくるのか見てやってもいいかなと思った」母・悦子(麻生祐未)が自分を生んだ理由を知った美都は、帰宅して妊娠検査キットを使ってみるが、妊娠していないことが判明する。

帰宅した有島は、テーブルの上に麗華の書き置きがあるのを見て、麗華が実家に戻ったことを知る。

【第10話】あらすじ/ストーリーネタバレ

実家にいる娘におはようと、おやすみを言いに行くという生活を始めた有島(鈴木伸之)に、麗華(仲里依紗)は「私をこんな風にさせたあなたが憎い」といい、有島に何度も何度もビンタをする。横山皆美(中川翔子)からビラを撒いたことを謝罪された有島は、麗華の苦しみを悟り、実家に向かい、麗華にキスをして抱きしめる。「優しくてずるい人」麗華は有島のことを許すのだった。

「あなたは極悪人だ」有島に怒りをあらわにする涼太(東出昌大)は美都(波瑠)から誕生日のメッセージを受けて、もう一度最後に2人で食事をしようと誘う。「また家に遊びに来てね」という涼太に警戒しながらも、美都は、その真意が測れずにいた。 美都の母・悦子(麻生祐未)は涼太の家に行き、「辛いなら美都の手を離していいんだよ」と言葉をかけ、娘が世話になったといって帰って行く。

新しい彼氏ができたという香子(大政絢)に歴代何位の彼氏か聞く美都。香子から過去の彼氏は、まぼろしだと言われ、美都は香子に彼氏との関係を占ってもらったほうがいいという。涼太が離婚届を提出していないこと、そして、職場を休んでいることを知り、自殺を考えているのではないかと考えた美都は、涼太から結婚のプロポーズをされた場所に向かう。「みっちゃんのことはそれほどでも」2人はお互いのいいところも悪いことろも受け入れて、握手を交わし、別れて行く。

1年後、横山夫妻はその関係が良好になり、香子と花山司(橋本じゅん)は結婚を控え、その式場で美都と涼太は再会する。「人の幸せは喜べない、バツ1、29歳。運命の出会いはまだ知らない」涼太と一緒にいる女性が婚約相手だと勘違いする美都のもとへ、飼い主の手を離れた柴犬が走り寄ってくる・・・

ドラマ「あなたのことはそれほど」主題歌やロケ地の記事をご紹介!

美都と香子が通っていた中学校のロケ地が狭山市だったり、麗華の実家が所沢だったりと、埼玉県西部が何気なくフィーチャーされている「あなそれ」

そのほかにも、覆面アーティスト「神様、僕は気づいてしまった」のボーカルの声が、あるバンドのボーカルに似ている!と話題になっています。ぜひチェックして見てください!

涼太が怖い…「あなたのことはそれほど」第1話あらすじとロケ地!W不倫夫婦の結末は?

ドラマ「あなたのことはそれほど」主題歌は覆面アーティスト「神様、僕は気づいてしまった」の『CQCQ』に決定!サントラ情報もご紹介!

「あなたのことはそれほど」キャスト発表!登場人物、キャラと原作のあらすじ見どころを相関図とともに紹介!

記事が気に入っていただけたら以下のSNSボタンでシェアしていただくと嬉しいです!

よければ当サイトをフォローしてください!励みになりやる気がみなぎります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。