ドラマ【時効警察はじめました】&SP版のキャストあらすじ 吉岡里帆とオダギリジョーが三日月に捜査開始!趣味で犯人探しをする主人公、満を持して続編決定

Sponserd Link

2019年10月から放送の時効警察シリーズ第三弾ドラマ【時効警察はじめました】。

主演のオダギリジョーのほか、麻生久美子などこれまでのレギューラーキャストに加え、新たに吉岡里帆が新レギュラーと加わり大人気ドラマが復活です。

ここでは、ドラマ【時効警察はじめました】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

Sponserd Link

登場人物 キャスト

霧山修一朗 オダギリジョー

12年前、なぜか政府の派遣事業のメンバーに選ばれてアメリカのFBIに出向。そのまま出世街道に乗るかと思いきや、帰国して再び、総武署の“時効管理課”に配属された。時効管理課に集まった資料の中から、目に留まった事件を個人的に調べていくのを趣味にしている。“ポツネン”というあだ名があるくらい地味で、署内にいるときは警察官の制服に黒縁の眼鏡。好きな食べ物は、素うどんや白いご飯。独身でアパート住まい、部屋には驚くほど物がない。時効事件の捜査になると俄然、手腕を発揮する。天才的な観察力を持っているのに、その才能を仕事に生かす気はまったくない。

三日月しずか 麻生 久美子

総武署・交通課課長補佐。以前は霧山の恋人の座を狙っていたが、結局、想いを伝えられないまま、霧山は渡米。唯一の幸せな時間だった霧山の時効事件の捜査に付き合わされることもなくなり、寂しい日々を過ごしていた。6年前にややなんとなくで、刑事課の刑事と結婚したものの、性格の不一致でほどなく離婚。子どもはおらず、今はひとり暮らしのちょっと寂しいアラフォー。しかし、霧山から奪った婚姻届は今でも大事に持っており、霧山が帰ってくることで心をザワつかせている。

彩雲真空(あやくも まそら) 吉岡里帆

総武署・刑事課の新人刑事。「ガンバリマス!」が口癖で、とにかく何でも頑張る熱血女子。十文字に日々課せられる“張り込みの練習”や意味不明な指示も、とりあえず全力でこなしている。十文字には「話がつまらない」と言われるが、意外と守備範囲が広く、小説からプロレスまで…興味の対象も無秩序に膨大。とりわけ、霧山が三日月と共に再開する時効事件の捜査には興味津々で、十文字の目を盗んでは時効管理課に入り浸り、時効捜査に首を突っ込みまくる。

十文字疾風(じゅうもんじはやて) 豊原功

補総武署・刑事課のエース。捜査に懸ける情熱、トレンチコートへの執拗なこだわりなど、刑事として完璧かと思いきや、結構何も分かっていなかったりする。無邪気に手柄を自慢したり、ギャグのセンスや言動のピントがずれていたり…と、お茶目で憎めないキャラ。最近はもっぱら、新人刑事・彩雲の指導に使命感を見出している。ナルシストな彼の唯一のコンプレックスは「三浪の過去」。同期の霧山を勝手にライバル視している。

又来(またらい) ふせ えり

総武署・時効管理課に所属。かつては小学生の息子を持つバツイチだったが、この12年のうちにバツ3へと華麗なる転身を遂げた。担当している資料管理の仕事に関しては完璧だが、それ以外はすこぶるいい加減。勤務中のほとんどは、誰かにツッコんでいるか、童心にあふれすぎたイタズラを仕掛けている。本気で仕事をしているときは、バンダナを巻く。妙なところで強気な性格。

サネイエ 江口のりこ

総武署・時効管理課に所属。通常は無表情で飄々としているため、ものの考え方も性格もよく分からないが、ごくたま~に熱い一面を告白したりする。手先・舌先が器用らしく、UFOキャッチャーがやたらと得意で、舌だけでガムを正月飾りのように結ぶこともできる。また、意外と観光スポット好きでもある。総武市のビバリーヒルズ・甲府町の出身。結婚した相手の名字がサネヨシで本名はサネヨシに変わっている。現在は妊娠中のため、何事にも驚かないように意識して生活している。

蜂須賀(はちすか) 緋田康人

総武署・刑事課に所属。常に十文字とペアを組んでいるベテラン刑事。後輩の十文字を純粋に尊敬するなど、めちゃくちゃ人はいいが、死んでも直らなそうな“いい加減さ”と“散漫な注意力”がダメなところ…!? 実は大事件を解決した過去を持つが、それで刑事として一生分の仕事をしたと、勝手に思い込んでいる。

諸沢 光石研

総武署・鑑識課に勤める鑑識官。お金には細かい性格で、時効事件を捜査中の霧山から鑑識を頼まれるたび、ちまちまと報酬を求める。鑑定料も内容に応じて段階的に設定するなど、しっかり・ちゃっかりしている。街で見かけたミョーなものを写真撮影することが趣味。霧山にその写真コレクションを小出しに見せては、自己満足に浸っている。

熊本 岩松了

総武署・時効管理課の課長。主な仕事は時効事件のファイルに「時効」の判子を押すこと。妻と子ども2人がいる家長でもあり、公私共に責任ある立場。…であるはずなのに、無責任で無秩序な性格。思いつきによる行動や意味不明な発言が目立つが、いたって温和な人。流行に影響されやすく、さまざまなものをコレクションするマニア体質が、霧山の捜査に貢献することもしばしば。

又来康知 磯村勇斗

霧山と同じ総武署・時効管理課に所属する無類のイタズラ好きメンバー・又来(ふせえり)の息子。超優秀な理系男子にして“若きエース。クールでミステリアスで女子ウケもよい”トンビが生んだ鷹”。しかし母のDNAを受けうついだため、そんじょそこらの平凡な“鷹”ではない噛めば噛むほど味わい深い男。

浜田山 内藤理沙

総武署・交通課の女性警官。三日月しずかの後輩。三日月、同僚の久我山と共に交通違反の取り締まりをしている。女らしい性格で、結婚を夢見ている。

久我山 田中真琴

総武署・交通課の女性警官。三日月しずかの後輩。三日月、同僚の浜田山と共に交通違反の取り締まりをしている。性格は浜田山と真逆で、クール。

連続ドラマゲスト一覧

小雪 趣里 染谷将太 檀れい 寺島しのぶ 中島美嘉 中山美穂 二階堂ふみ 別所哲也 松重豊 向井理 柳葉敏郎

SPドラマ【時効警察・復活スペシャル】ゲスト

”美魔王”藤原 武田真治

“71歳にして40代の肉体を持つ男”として人気沸騰中のタレント。“美魔女の男性版”ということで、“美魔王”と呼ばれている。

九品仏さやか 菊地凛子

霧山と同時期に美魔王藤原の年齢詐称疑惑について調べているライター。時効事件の捜査に協力する。

沢村加奈子 余貴美子

時効になった「浦島ガソリンスタンド火災事件」で亡くなった高校生の母親。息子は消息不明で、事件をさらに謎めいたもにしていく。

?? 笹野高史

??(第1シリーズで“口の臭いおまわりさん”とその弟を演じたが、新たに役で出演)

Sponserd Link

あらすじ

【時効警察・復活スペシャル】のあらすじ

出向先のアメリカ・FBIから総武署の時効管理課に舞い戻ってきた霧山が、9年前に時効になった「浦島ガソリンスタンド火災事件」を“趣味”で捜査。焼け跡から見つかった身元特定の難しい焼死体…あれは事故だったのか、殺人事件だったのか、それとも自殺だったのか――。新情報を求めて調べ始めた霧山はやがて、“ある男と事件の関連性”を疑います。
 その男とは…“71歳にして40代の肉体を持つ男”として人気沸騰中のタレント・美魔王藤原!そう、“美魔女の男性版”ということで、“美魔王”と呼ばれている。

シーズン2【時効警察はじめました】のあらすじ

2019年の新シリーズは、霧山が出向していたアメリカのFBIから12年ぶりに帰国、再び総武署の“時効管理課”に戻る。 “時効管理課”の主な仕事は、時効になった事件の資料を検察へと送ること、その捜査資料の管理だが、殺人など重大事件の時効が廃止され、以前よりもさらに窓際な部署になっていた。そんな古巣に戻ってきた霧山は、時効を迎えた事件を私的に捜査するという“趣味”を再開。

霧山にとって、捜査はあくまで趣味なため、対象とする事件は大小さまざま。たとえ犯人を突き止めたとしても成敗などするわけではなく、自分の推理が正しいことを確かめたい…ただそれだけ。真相を暴かれ真っ青になった犯人をあまり心配させないために、霧山は毎回犯人に一枚のカードを手渡します。それが…“誰にも言いませんよカード”。

原作やスタッフ

ドラマ【時効警察はじめました】の脚本・監には「時効警察シリーズ」を始め、「タモリ倶楽部」や「笑う犬シリーズ」の三木聡(メイン)を始め、監督・脚本として以下のクリエイターたちが参加しています。

大九明子(「勝手にふるえてろ」「美人が婚活してみたら」)
今泉力哉(「愛がなんだ」「アイネクライネナハトムジーク」)
福田雄一(「勇者ヨシヒコ」「今日から俺は!!」)
森ガキ侑大(「おじいちゃん、死んじゃったって。」「坂の途中の家」)
塚本連平(「特命係長 只野仁」)
田中眞一(「執事 西園寺の名推理」)
小峯裕之(「砂の器」)

「時効警察 DVD-BOX」をアマゾンでチェック!

ゼネラルプロデューサーには「ヒモメン」や「刑事ゼロ」の横地郁英

プロデューサーには「信長のシェフ」や「ドクターX ~外科医・大門未知子~」の大江達樹、「GTO シリーズ」や「僕の初恋をキミに捧ぐ」の山本喜彦が参加しています。

話題、見どころ

2006年1月クールの、金曜ナイトドラマで放送された「時効警察」。シュールな小ネタ満載の“脱力系コメディーミステリー”として大きな話題を呼び、最高視聴率12.1%、平均視聴率10.1%を記録しました。

翌2007年4月クールに放送したパート「帰ってきた時効警察」でも、最高視聴率13.5%、平均視聴率12.0%を獲得。

あれから12年がたち。現実世界では 2010年4月に、殺人事件の時効制度が廃止されましたが、それ以前に時効が成立した事件は、山ほど残っていると言います。

実はこの「時効」と言うものは殺人事件だけに限らず、私たちに身近な「給与」にも適用されているもので、それが2019年現在、2020年4月の法改正に向けて議論が進んでいます。

その議論では企業と国があくまでも労働者にお金を払う気がないと言うことが、ありありと見受けられます。

良心的な企業なら、しのごの言わずに払うのが「モラルある企業」でしょうが、現在の日本ではそんな会社は無くなってしまったようです。

〜以下こちらから引用〜

たとえば、企業が労働者に払いすぎていた賃金は不当利得返還請求によって返せと言ってきます。

 例として挙げると、通勤手当を本来より多く払っていた場合などがありますが、この場合、現行民法では10年分まで遡って返還請求ができるんですが、企業は普通の顔して10年分請求してきますからね。記憶とかそんなの気にしてないです。

 他にも、解雇事件、懲戒事件、その他もろもろの労働事件がありますが、5年以上前のことを持ち出して労働者を処分してくることはザラにあり、裁判で証言する企業側の人の記憶は、異常なほどはっきりしていますよ。まさか、あれウソだったというわけじゃないですよね?

 それが賃金を請求される側になると、いきなり「いやぁ、記憶が曖昧でねぇ」とは、よく言えたものだと思います。

〜引用終わり〜

給与の他にも「借金」「ローン」にも時効があります。

FPが借金の時効成立条件を徹底解説!成立後のデメリットも合わせてご紹介の

かつて10年以上経っていながらも、2000万件の記録が未解決の「年金問題(2007年)」があり、年金と関連して大問題となっている2019年6月からの「老後2000万円問題」も最近は注目の的ですが、この「年金」も5年の時効があると言われています。

そもそも「老後」と言う概念を誰が作ったか知りませんが、この偽の制度に騙されずに、自分のお金を貯めて生きることが何よりも確実だと思います。

ここへきて、他人に頼ることの弊害が特徴的な大事件や出来事が噴出していて、まさに時代の大きな転換期と思わざるを得ません。

これからの若者は、ますますお金に苦労すること間違いなしですが、ネットが普及した時代ではこのように基本的には自分で自分のケツを拭くという覚悟を持っていれば、自分で道を切り開く力をつけ、自分で問題を解決することができるでしょう。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【時効警察はじめました】の主題歌に椎名林檎の「公然の秘密」が起用されました。

「公然の秘密」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

劇伴音楽はシーズン一に引き続き、「トンスラ」や「時効警察」を手がけ、大瀧詠一の親族でもある坂口修が起用されました。

「時効警察(2006) オリジナル・サウンドトラック」をアマゾンでチェック!

「帰ってきた時効警察(2007) オリジナル・サウンドトラック+三木聡×坂口修作品集」をアマゾンでチェック!

放送情報

【放送局】テレビ朝日系列「金曜ナイトドラマ」
【初回放送・曜日】
シーズン2「時効警察はじめました」|2019年10月11日 毎週金曜日 23:15~24:15
SPドラマ「時効警察・復活スペシャル」 |2019年9月29日 日曜日 21:00~ 「日曜プライム」枠
【前ドラマ】「セミオトコ

あらすじ・キャスト部分引用元は公式サイト

Sponserd Link

当サイトのフォローはこちら

Sponserd Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)