ドラマ【不惑のスクラム】あらすじキャスト。中年自殺を救ったのおっさんラグビー?高橋克典が安藤祐介原作を実写化。

スポンサーリンク

2018年9月から放送のドラマ【不惑のスクラム】。

主演はドラマ「モンテクリスト伯 〜華麗なる復讐〜」での怪演も記憶に新しい高橋克典。

人生に絶望し死に向かっていた主人公がおじさんたちがやるアマチュアラグビー「不惑ラグビー」と出会うところから物語が始まり、渡辺いっけいや夏木マリ、竹中直人など豪華キャストとの共演も楽しみな作品です。

ここでは、ドラマ【不惑のスクラム】のキャストとあらすじ、みどころなどを紹介しています。

スポンサーリンク

キャスト

丸山良平 高橋克典

刑務所から仮出所し、偶然であった仲間達と「不惑ラグビー」を始め、人生が動き出す。

1964年12月15日。神奈川県横浜市出身。映画「アウトレイジ ビヨンド(」ドラマ「トットちゃん!」

(役名未発表) 渡辺いっけい

1962年10月27日。愛知県豊川市出身。妻は女優・声優の門間葉月。ドラマ「あさが来た」「精霊の守人 最終章」

(役名未発表) 村田雄浩

(むらた たけひろ)1960年3月18日。映画「花筐/HANAGATAMI」ドラマ「やすらぎの郷」

(役名未発表) 徳井優

(とくい ゆう)1959年9月28日。大阪府大阪市出身。本名;徳井 利次。「引越しのサカイ」のCMキャラクター。映画「サバイバルファミリー」ドラマ「ゲゲゲの女房」

(役名未発表) 上杉祥三

(うえすぎ しょうぞう)1955年12月14日。兵庫県出身。映画「祈りの幕が下りる時」ドラマ「医龍」「ブラックペアン」

(役名未発表) 松尾諭

(まつお さとる)1975年12月7日。兵庫県尼崎市出身。映画「ラストコップ THE MOVIE」ドラマ「下北沢ダイハード」「陸王 第4話」

(役名未発表) 高橋光臣

1982年3月10日 。大阪府出身。映画「真田十勇士」ドラマ「4号警備 第4話」「ブラックリベンジ」

(役名未発表) 中村ゆりか

1997年3月4日。神奈川県出身。映画「ニシノユキヒコの恋と冒険」ドラマ「声ガール!」

(役名未発表) 戸田菜穂

1974年3月13日。広島県広島市、現在の安佐北区出身。妹は元女優の戸田麻衣子、歯科医師でシンガー・ソングライター戸田康平は弟。映画「ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女」ドラマ「空飛ぶタイヤ(WOWOW)」「西郷どん」

(役名未発表) 夏木マリ

1952年5月2日。東京都豊島区出身。 映画「陽だまりの彼女」ドラマ「モンタージュ 三億円事件奇譚」

(役名未発表) 竹中直人

1956年3月20日。神奈川県横浜市金沢区富岡出身。映画「のだめカンタービレ 最終楽章」ドラマ「カインとアベル」「バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜 第6話」

あらすじ

死に場所を探して河川敷を歩いていた丸川良平(47)の背中に、ラグビーボールが当たる。

ボールを追ってきた初老の男に、無理やり連れていかれた先で行われていたのは、40歳以上の選手による “不惑ラグビー”。

そこには、年代もバラバラな大人たちの、泥まみれの姿があった。

アツ苦しい男たちのおせっかいで、生きる側に腰を落ち着けてしまった丸川は、ラグビーを通じて、仲間と心を通わせる。やがて、丸川と、丸川の抱える秘密をきっかけに、チームメイトたちも己の人生を見つめ直していき―

原作やスタッフ

ドラマ【不惑のスクラム】の原作は「被取締役新入社員」や「テノヒラ幕府株式会社」で知られる作家の安藤祐介の同名小説。

「不惑のスクラム(角川ebook) Kindle版」をアマゾンでチェック!

監督には「農業女子“はらぺ娘”」や「わろてんか」の東山充裕、「わろてんか 」や「べっぴんさん」の鈴木航。

脚本には「限界集落株式会社」「悦ちゃん」で知られる櫻井剛。

プロデューサーには「わろてんか」の長谷知記。

制作統括に「べっぴんさん」の三鬼一希、「みをつくし料理帖」の城谷厚司も参加しています。

話題、見どころ

「不惑」という言葉は、儒教の中で重要な書物と言われる「四書」の中に入る「論語」の一節からくるもの。

「四十にして惑わず」

人間は40歳にしてようやく迷いなく人生を送るようになるという一節からくる言葉で、漢詩では「四十而不惑」と書くものです。

論語の教えに反して47歳にして迷いを拭えず、死を覚悟した主人公(ある意味迷いないですが)が、偶然出会った40歳代以上のアマチュア草ラグビーチームと関わる中でそれぞれの人生が動き出すという物語。

原作は2016年に発売された小説「不惑のスクラム」ですが、この著者の安藤祐介は、

「軽蔑や罵詈雑言を一身に浴びて、社内のストレスの『はけ口』」になる主人公が人間として必要とされる意味を知ることになる

といった設定の2007年の作品「被取締役新入社員」などを書いている作家で、ドラマ化この「被取締役新入社員」では、TBS・講談社第1回ドラマ原作大賞を受賞しています。

迷いがあるからこそ人はそれをなんとかしようともがき切磋琢磨するもの。

その中でもどうしようもできないものは、より大きな力に頼んでなんとかしてもらうしかないものです。

人間一人ができることは本当に小さいものです。しかし人間はその小さいことをするためにこの世に生まれて、一人残らず「天命」を与えられている存在です。

それが本人にとって望むものではないこともあるかもしれませんが、それでもそれを受け入れて一生を生きることが幸せであり、正しいことです。

もちろん人それぞれにどんな人生を歩むかは自由ですが、自分が犯した過ちは必ず戻ってくるこの世界で、主人公が抱える過去とどう向き合うのか、その中にラグビーがどう関わってくるのか、ドラマ「モンテクリスト伯 〜華麗なる復讐〜」での怪演も話題となった高橋克典の演技にも注目です。

主題歌・オープニング・エンディング・サントラ

ドラマ【不惑のスクラム】の劇伴音楽に「レッドクリフ」や「人間の証明」を手がけてきた岩代太郎が起用されました。

「ドラマ 不惑のスクラム オリジナルサウンドトラック」をアマゾンでチェック!(検索結果を表示しています)

放送情報

放送局:NHK総合
初回放送・曜日:9月1日~10月13日、毎週土曜20:15~20:43。(連続7回)
前ドラマ:「バカボンのパパよりバカなパパ」

あらすじ・キャスト部分引用元はNHK公式ブログ

スポンサーリンク

当サイトのフォローはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はお断りしています。(スパム対策)